検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2023-01-30 / 芸術・文化 / 学内講座コード:340407

絵画で読むダンテの『神曲』―「煉獄篇」「天国篇」

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 中野校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
2月 1日(水)~ 2月22日(水)
講座回数
4回
時間
10:30~12:00
講座区分
その他 
入学金
 - 
受講料
13,662円
定員
36
その他
会員受講料: 11,880円(入会金は8,000円(税込))
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

関連講座

講座詳細

【目標】
・中世末期以降のキリスト教美術作品を鑑賞する。
・14世紀前半のイタリアの社会情勢を知る。
・写本におけるテクストとイメージの関わりを考察する。

【講義概要】
イタリア文学を代表する作品と言っても過言ではないダンテの『神曲』(1304-1321)。しかし豊富な神学的知識と中世イタリアの複雑な社会事情が入り混じる重厚な書は、日本人にとってはかなり敷居の高い代物である。本講義ではこの作品を少しでも身近に感じていただくために、14世紀後半以降に制作された『神曲』写本挿絵や板絵、フレスコ画等を鑑賞しながら、ひとりの詩人が創造した彼岸の世界を旅する。
※本講座は2021年度冬講座(絵画で読むダンテの『神曲』―「地獄篇」)の続きという位置づけになりますが、今期からでも大丈夫ですので、ぜひ多くの方のご参加をお待ちしております。

【各回の講義予定】
第1回 2023/ 2/ 1(水) 贖罪に励む人びと ―「煉獄篇」前半
第2回 2023/ 2/ 8(水) 地上の楽園 ―「煉獄篇」後半
第3回 2023/ 2/15(水) 「神学」の化身ベアトリーチェ ―「天国篇」前半
第4回 2023/ 2/22(水) ついに神を見る ―「天国篇」後半

備考

【ご受講に際して】
◆休講が発生した場合、補講日は3月1日(水)を予定しています。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 伊藤 亜紀
肩書き 国際基督教大学教授
プロフィール お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士課程修了。博士(人文科学)。専門はイタリア服飾史、色彩象徴論。著書に『青を着る人びと』(東信堂)、『色彩の回廊 』(ありな書房)、訳書にマリア・ジュゼッピーナ・ムッツァレッリ『イタリア・モード小史 』(知泉書館)、シシル『色彩の紋章』(悠書館)などがある。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.