検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2023-05-15 / 健康・医療:健康・介護 / 学内講座コード:2023120

年代別女性の健康と働き方(ハイブリット講座) ~ワーク・ライフ・バランスとヘルスケアを考える~

主催:昭和大学リカレントカレッジ昭和大学 旗の台キャンパス(東京都) / 昭和大学 オンライン講座(東京都)]
問合せ先:昭和大学リカレントカレッジ TEL:03-3784-8143
開催日
06月22日(木)~09月28日(木)
講座回数
4回
時間
18:00~19:30
講座区分
前期 
入学金
3,000円
受講料
12,000円
定員
30
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

【講座内容】
年代別の女性の健康課題と働き方の課題、各対処方法について考えていきます。更年期等と仕事の両立方法や、より良い職場環境づくり、コミュニケーションとはどのようなものかについても検討します。医療・キャリア形成・職場環境づくり・コミュニケーションに役立つ知識を習得しましょう。

【対象】
・女性の健康課題や更年期について知りたい方
・更年期以降の働き方や、ワーク・ライフ・バランスをどのように充実していくか興味がある方
・男性と女性で、一緒に健康課題を考えて行きたい方
・職場環境の改善方法やコミュニケーションについて知りたい方


※この講座は、オンラインでも受講可能です。
講座開講前に受講方法(対面・オンライン)のアンケートを送付いたしますのでそちらにご回答ください。

【講座スケジュール】
1 2023/06/22(木) 年代別の女性の健康課題とワーク・ライフ・バランスについて(講義とグループワーク)
2 2023/07/20(木) 更年期のメカニズムと更年期症状、更年期からの人生をより良く過ごすには(講義)
3 2023/08/24(木) 共感性とコミュニケーション~心理的安全性を高めるには~(講義とグループワーク)
4 2023/09/28(木) 更年期と仕事の両立、職場環境の改善方法、まとめ(講義と発表)

備考

【備考】
◆一般目標(GIO)
年代別の女性の健康課題や対応方法について知り、ヘルスリテラシーを高める。キャリアと健康を両立し、コミュニケーションの向上についても習得する。


◆評価方法
授業態度や発表により評価する

【特記事項】
・最少施行人数に達しなかった場合は、中止となる場合がありますので、ご了承ください。

【教材・推奨参考図書】
◆教材(教科書、推奨参考図書、プリント等)
当日資料を配布
「年代別 女性の健康と働き方マニュアル-ワーク・ライフ・バランスとヘルスケア」※「女性の健康検定?」公式テキスト
(一般社団法人 女性の健康とメノポーズ協会著、出版社SCICUS)2012


※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。

 お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

※最少開催人数に達しない場合は開講を中止させていただくことがございます。

講師陣

名前 有馬 牧子
肩書き
プロフィール 昭和大学医学部 医学教育学講座 講師
女性のキャリア形成やダイバーシティの活動を行っている。更年期と仕事に関して、NHKと共同調査を行っている、日本女性医学学会幹事、一般社団法人女性の健康とメノポーズ協会理事。
名前 三羽 良枝
肩書き
プロフィール 一般社団法人女性の健康とメノポーズ協会 理事長 更年期を主にした女性の健康支援活動を30年以上を行っている。更年期の無料電話相談や女性の健康検定の実施など、女性の健康支援に尽力している。
名前 枝川 義邦
肩書き
プロフィール 早稲田大学 理工学術院 教授。脳科学及び経営システムの専門家である。健康経営やパフォーマンス、コミュニケーションに関する講演活動を行うなど社会的認知度が高い。
講座を申し込む 資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.