検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2023-02-20 / 芸術・文化 / 学内講座コード:140402

歌舞伎への招待

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
2月22日(水)~ 3月 1日(水)
講座回数
2回
時間
13:00~14:30
講座区分
数回もの 
入学金
 - 
受講料
6,831円
定員
50
その他
会員受講料: 5,940円(入会金は8,000円(税込))
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

【目標】
・物語の把握
・音曲の理解
・演出の分析

【講義概要】
東京ではいつでも歌舞伎を見ることができる。
襲名披露や追善公演など命脈と人気を保ち続け、
古典から新作まで幅広い作品群を持つ歌舞伎。
日本の多様な伝統文化を物語、音曲、衣裳、大道具などに反映して
展開する舞台芸能と役者の魅力を
上演されている作品を中心に考察する。

【各回の講義予定】
第1回 2023/ 2/22(水) 歌舞伎への招待その1
第2回 2023/ 3/ 1(水) 歌舞伎への招待その2

備考

【ご受講に際して】
◆休講が発生した場合の補講日は3月8日(水)を予定しています。
◆2022年度同名の講座の継続講座で、2022年度秋学期からの継続生優先となる講座です。継続受講者が定員に満たない場合は、それ以外の方もお申し込みいただけます。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 葛西 聖司
肩書き 古典芸能解説者
プロフィール NHKアナウンサーとして多彩な番組を担当。現在はその経験を生かし、歌舞伎など古典芸能の解説や講演、また日本伝統文化のセミナーを全国で展開。著書に『教養として学んでおきたい歌舞伎』『教養として学んでおきたい能・狂言』(マイナビ出版)『僕らの歌舞伎』(淡交社)、『名セリフの力』(展望社)、『文楽のツボ』(NHK出版)、『ことばの切っ先』(展望社)など多数。
講座を申し込む 資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.