検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2023-01-10 / 芸術・文化 / 学内講座コード:140401

歌舞伎と文楽

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
1月12日(木)~ 2月 2日(木)
講座回数
4回
時間
10:40~12:10
講座区分
その他 
入学金
 - 
受講料
13,662円
定員
36
その他
会員受講料: 11,880円(入会金は8,000円(税込))
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

関連講座

講座詳細

【目標】
・江戸時代を代表する芸能である、歌舞伎と文楽を、比較対照しながら、そのみどころを具体的に紹介します。
・昔から今にいたる舞台を映像で鑑賞しながら、作品にまつわる芸談やエピソードなどを紹介することを通して、歌舞伎と文楽、それぞれの特質や面白さ、楽しみ方、さらには周辺文化への拡がりを学びます。

【講義概要】
冬学期は4回限定ですので、通常の春・夏(各10回)では扱う機会のなかった作品を取り上げることにしまして、歌舞伎十八番の内から「矢の根」と「押戻」をくわしくご紹介します。
「矢の根」はわずか30分ほどの小品、「押戻」にいたっては、作品というよりは局面、いろんな作品にあらわれるシチュエーションです。しかし、両者とも強固な伝承に根ざした、古典歌舞伎にとっては重要な作品です。曾我物語と浄瑠璃、または歌舞伎荒事と民俗芸能といった、周辺にも深く関わる作品を、多面的にご紹介します。

備考

【ご受講に際して】
◆休講が発生した場合の補講日は2月9日(木)を予定しています。
◆2022年度の同名講座の継続講座で2022年秋学期からの継続生優先となる講座です。継続受講者が定員に満たない場合は、それ以外の方もお申し込みいただけます。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 児玉 竜一
肩書き 早稲田大学教授、早稲田大学演劇博物館副館長
プロフィール 昭和42年兵庫県生まれ。早稲田大学大学院から、早稲田大学助手、東京国立文化財研究所、日本女子大学などを経て現職。専門は歌舞伎研究と評論。編書に『能楽・文楽・歌舞伎 日本の伝統芸能への誘い』(教育芸術社)、共編著に『カブキ・ハンドブック』(新書館)、『映画のなかの古典芸能』(森話社)など。「朝日新聞」で歌舞伎評担当。2013年より早稲田大学演劇博物館副館長。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.