検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2023-02-01 / 世界史 / 学内講座コード:140325

神話と中世ヨーロッパ

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
2月 3日(金)~ 3月 3日(金)
講座回数
4回
時間
13:00~14:30
講座区分
その他 
入学金
 - 
受講料
13,662円
定員
30
その他
会員受講料: 11,880円(入会金は8,000円(税込))
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

関連講座

講座詳細

【目標】
・ヨーロッパの古典神話の伝承について知見を広げる。
・中世ヨーロッパ文化の理解を深める。
・中世文芸のオリジナル作品に触れる。

【講義概要】
中世ヨーロッパというと、王侯貴族の世界を舞台にした騎士物語が印象的です。本講義では、違った角度から中世ヨーロッパを見ていきます。中世ヨーロッパはキリスト教が精神的支柱になっていました。けれども、世俗社会の価値観はそう単純ではありません。それ以前からの神話、つまり異教の伝統の影響を残す、多層文化だといえましょう。ギリシア・ローマ神話でおなじみのヴィーナスやドラゴン、ゲルマン神話の神々や樹木信仰が、ドイツ中世文化でどのように取り入れられ、変容していったかを考察していきます。当時の雰囲気にイメージを広げるため、中世文芸の原文にも触れてみましょう。なお、受講のために外国語の知識は必要ありません。

【各回の講義予定】
第1回 2023/ 2/ 3(金) ドラゴン
第2回 2023/ 2/10(金) ヴィーナス
第3回 2023/ 2/24(金) 北欧神話から来た神々
第4回 2023/ 3/ 3(金) 樹木信仰と自然賛美

備考

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 石井 道子
肩書き 早稲田大学教授
プロフィール 東京大学大学院修士課程修了後、早稲田大学文学部助手を経て理工学部勤務、2004年より教授。専門分野はドイツ語学文学。ドイツ語教育と、神話や伝説を中心とした講義に携わっている。著作に『ミンネザング―中世恋愛抒情詩撰修』(共著)、「ドラゴン伝説」「グレゴリウス伝説」「メルジーネ伝説」等を扱った論文がある。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.