検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2022-11-07 / 芸術・文化 / 学内講座コード:730417

基礎から学ぶビザンティン美術史

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター オンライン講座(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
11月 9日(水)~12月14日(水)
講座回数
5回
時間
10:30~12:00
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
14,850円
定員
30
その他
ビジター価格 17,077円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

関連講座

講座詳細

【目標】
・ビザンティン美術の基礎的な知識を学び、楽しむ。
・イタリア、ローマに現存する聖堂のモザイクやフレスコに親しむ。

【講義概要】
難解な印象を持たれがちなビザンティン美術ですが、鑑賞のコツを踏まえれば機知に富んだ豊かな世界が広がっています。
モザイク、フレスコ、写本挿絵、イコンなど、様々な技法が残るビザンティン美術は、ルネサンス美術にも影響を与えました。本講座はその魅力を沢山の写真とともにご紹介します。
今期は、ローマに残る6~12世紀の聖堂を中心に、モザイクやフレスコで飾られた図像を見ていきます。
見どころが多く魅力溢れるローマですが、歩いて回れる範囲に中世の教会も残っています。束の間の静謐を感じられる古い教会を、一緒に旅して参りましょう。
基礎知識を確認しながら進めますので、中世美術は初めてという方もお気軽にご受講頂けます。

【各回の講義予定】
第1回 2022/11/ 9(水) ローマの教会
第2回 2022/11/16(水) ローマの教会
第3回 2022/11/30(水) ローマの教会
第4回 2022/12/ 7(水) ローマの教会
第5回 2022/12/14(水) ローマの教会

備考

【ご受講に際して】
◆休講が発生した場合の補講は、12月21日(水)を予定しております。
◆Zoomウェビナーを使用したオンライン講座です。
◆お申込みの前に必ず「オンラインでのご受講にあたって」をご確認ください。
◆本講座の動画は、当該講座実施の翌々日(休業日を除く)17:30までに公開します。インターネット上で1週間のご視聴が可能です。視聴方法は、以下をご確認ください。【会員】授業動画の視聴方法(会員向け) 【ビジター・法人会員】授業動画の視聴方法(ビジター・法人会員向け)

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 辻 絵理子
肩書き 埼玉大学准教授
プロフィール 東京生まれ。博士(文学、早稲田大学)。専門は西洋中世美術史(ビザンティン美術)。単著『ビザンティン余白詩篇写本挿絵研究』(中央公論美術出版)。論文は「陽の昇るところから沈むところまで」(『パトリスティカ』第18号)、「ビザンティン聖堂装飾における聖餐の表象」(『美學』第249号)ほか。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.