検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2022-10-01 / 日本史 / 学内講座コード:230232

昭和の歴史を振り返る 『昭和天皇実録』1935(昭和10)年1~10月を読む

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
10月 3日(月)~12月12日(月)
講座回数
10回
時間
10:30~12:00
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
29,700円
定員
30
その他
ビジター価格 34,155円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

関連講座

講座詳細

【目標】
・昭和戦前期の政治や社会についての理解を深めます。
・歴史的なできごとを史料に基づいて理解していきます。

【講義概要】
宮内庁編纂の『昭和天皇実録』を読み解きながら、昭和の歴史を振り返る講座です。今回は1935(昭和10)年1~10月を検討します。この時期、天皇機関説事件がおこり、政府は二度にわたって国体明徴を声明することになります。そうしたなか、陸軍を牽引していた永田鉄山軍務局長が殺害されます。陸軍の政治への影響が強まるとともに、陸軍内の対立が先鋭化していくこの時期の歴史を『昭和天皇実録』をもとに、新聞や雑誌、日記や自伝、伝記などさまざまな資料を用いて考察していきます。

備考

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 望月 雅士
肩書き 早稲田大学講師
プロフィール 早稲田大学大学院文学研究科史学(日本史専攻)博士後期課程単位取得退学。現在、早稲田大学教育学部講師。専門は日本近現代史。著書に『枢密院―近代日本の奥の院―』(講談社現代新書)、共編著書に『風見章日記・関係資料』(みすず書房)、『枢密院の研究』(吉川弘文館)ほか。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.