検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2022-10-02 / 文学:日本史 / 学内講座コード:230216

初歩からまなぶ古文書 「琉球勅使御迎大夫日記」を読んでみよう

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
10月 4日(火)~12月 6日(火)
講座回数
10回
時間
10:30~12:00
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
29,700円
定員
30
その他
ビジター価格 34,155円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

関連講座

講座詳細

【目標】
・くずし字を正しく読めるようになること
・文書の内容が理解できるようになること

【講義概要】
江戸時代に書かれた古文書を使って、旧字や異体字、変体仮名、それに古文書特有の言い回しなどを、実例(テキスト)に則して解説していきます。今学期は、同治4年(慶応2年)に冊封使(中国王朝が朝貢国の君主に王号などの授与のため派遣する使者)を迎えた琉球側の日記(記録)を読みます。琉球王朝にとって、これが最後の冊封使の受け入れとなります。日記は前年の2月から記されています。くずし字はきれいなので、文字は読みやすいと思います。

備考

【ご受講に際して】
◆初回は、初心者の方向けにくずし字を読む上での基本を説明します。
◆難しく感じる方もおられるかと思いますが、自分のペースで楽しみましょう。
◆本講座からのご参加も歓迎いたします。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 久保 貴子
肩書き 早稲田大学・昭和女子大学講師
プロフィール 早稲田大学大学院文学研究科史学(日本史)専攻博士後期課程満期退学。博士(文学、早稲田大学)。現在、早稲田大学・昭和女子大学講師。専門は日本近世史。著書に『近世の朝廷運営―朝幕関係の展開―』(岩田書院、1998年)、『徳川和子』(吉川弘文館、2008年)、『後水尾天皇』(ミネルヴァ書房、2008年)。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.