検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2022-09-03 / 文学 / 学内講座コード:920106

【オンデマンド】文体から読む近代文学

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター オンデマンド(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
9月 5日(月)~ 9月 5日(月)
講座回数
4回
時間
00:00~23:59
講座区分
その他 
入学金
8,000円
受講料
7,920円
定員
20
その他
ビジター価格 7,920円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

関連講座

講座詳細

【目標】
・ことばに注意して文学作品を吟味することで、文体的特色に気づく“眼”を養う。
・夏目漱石や志賀直哉など、近代の何人かの作家の作品について、その文体的特徴を知る。

【講義概要】
1.小説作品の文体を把握するための方法を学ぶ。――文字・表記、特徴のある語彙使用、文末表現、会話表現、比喩表現、語りの方法等に着目する。
2.作家自身の文体観を、表現についての言説や他の作家についての作品評等を通じて把握する。
3.対照的な作家の文体を比較検討することで、文体差を発見し、またその作業を通じてそれぞれの文体の特色をより明確に捉える。



【各回の講義予定】
第1回 2022/ 9/ 5(月) 志賀直哉と谷崎潤一郎の文体について
第2回 2022/ 9/ 5(月) 夏目漱石と森?外の文体について
第3回 2022/ 9/ 5(月) 太宰治と芥川龍之介の文体について
第4回 2022/ 9/ 5(月) 井伏鱒二の文体

備考

【ご受講に際して】
◆この講座は
 2021年度 冬期 「文体から読む近代文学」 (02/12~03/05 土曜日、全4回)
 で開講した講座のアーカイブ講座になります。
◆途中映像音声の乱れるところがありますがご了承ください。
◆オンデマンド講座のため講義内容に関する質疑は受付けいたしかねます。あらかじめご了承お願いいたします。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 髙﨑 みどり
肩書き お茶の水女子大学名誉教授
プロフィール 名古屋市出身。お茶の水女子大学文教育学部卒、同大学院修了。東京女子医大、明治大、お茶の水女子大等で日本語学の研究・教育に携わる。専門はテクスト・談話分析。編著『大正期「中央公論」「婦人公論」の外来語研究』、単著『テクスト語彙論』、単著論文「文体の異性装の実際」等。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.