検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2022-07-07 / 芸術・文化 / 学内講座コード:220421

かたちで楽しむ日本美術 絵巻、掛軸、屏風、障壁画鑑賞のツボ

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
7月 9日(土)~ 7月16日(土)
講座回数
2回
時間
13:00~16:30 ※途中休憩をはさみます。
講座区分
数回もの 
入学金
8,000円
受講料
11,880円
定員
26
その他
ビジター価格 13,662円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

関連講座

講座詳細

【目標】
・絵巻、掛軸、屏風、障壁画の歴史的な成り立ちと見方を知る。
・それぞれの「かたち」特有の表現、意味を読み解けるようになる。
・日本美術の鑑賞ポイントをおさえて、楽しめるようになる。

【講義概要】
絵巻、掛軸、屏風、障壁画。日本で独自の発展を遂げたこれらの絵画形式は、「観る」ためだけのものではなく、機能的な「道具」として文化や暮らしを彩ってきました。
それぞれのかたちごとの鑑賞法を、いくつかのツボに絞ってわかりやすく解説します。
※休講が発生した場合の補講日は7月23日を予定しています

【各回の講義予定】
第1回 2022/ 7/ 9(土) 絵巻と掛軸 ―変幻自在の表現力―
第2回 2022/ 7/16(土) 屏風と襖絵 ―空間を彩る大画面―

備考

【ご受講に際して】
◆休講が発生した場合の補講は、7月23日(土)を予定しています。
◆初心者の方にもお聴きいただきやすい内容です。


※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 新江 京子
肩書き 早稲田大学講師
プロフィール 東京都生まれ。早稲田大学大学院博士後期課程満期退学。専門分野は日本絵画史、特に近世の京都画壇。論文に「若冲画と大岡春卜の画譜―版本学習と「物に即する」画の考察」(『美術史』第161号)、「伊藤若冲の歌仙絵を読み解く」(『美術史研究』第50冊)ほか。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.