検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2022-06-30 / 日本史 / 学内講座コード:220202

北条義時の生涯

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
7月 2日(土)~ 9月10日(土)
講座回数
8回
時間
10:30~12:00
講座区分
その他 
入学金
8,000円
受講料
23,760円
定員
20
その他
ビジター価格 27,324円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

関連講座

講座詳細

【目標】
・鎌倉幕府の執権北条義時の生涯を振り返ります
・さまざまな史料を講読・解釈することで、史料を身近に感じられるように努めます
・義時が生きた時代の社会状況に対する理解を深めます

【講義概要】
現在放映中のNHK大河ドラマの主人公北条義時は、鎌倉幕府の草創期を支えた人物として著名です。彼は執権として幕府運営を中心的に担い、幕府と朝廷の対立が表面化した「承久の乱」を乗り切りました。しかし、将軍源頼朝の妻で「尼将軍」と呼ばれた北条政子の弟とはいえ、当初「江間四郎」と呼ばれていた義時が、なぜ執権という要職に就くことになったのでしょうか。また彼が中心となって運営した幕府は、なぜ朝廷と直接対決することになったのでしょうか。本講座ではとくにこうした点に焦点を当て、さまざまな史料に基づいて義時の生い立ちや動向を振り返り、彼が生きた時代の社会状況についても確認してみたいと思います。

【各回の講義予定】
第1回 2022/ 7/ 2(土) 父、北条時政
第2回 2022/ 7/ 9(土) 義時の立場
第3回 2022/ 7/16(土) 執権就任
第4回 2022/ 7/23(土) 義時と有力御家人
第5回 2022/ 7/30(土) 源氏将軍と北条氏
第6回 2022/ 8/27(土) 幕府と御家人
第7回 2022/ 9/ 3(土) 承久の乱
第8回 2022/ 9/10(土) 義時の死とその後

備考

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 櫻井 彦
肩書き 宮内庁書陵部主任研究官
プロフィール 1964年東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、同大学院文学研究科修士課程修了。博士(文学)。専門分野は日本中世史。著書に、『悪党と地域社会の研究』(校倉書房)、『信濃国の南北朝内乱』(吉川弘文館)など。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.