検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2022-07-18 / 宗教・哲学 / 学内講座コード:120508

インド仏教のすすめ 般若経から『中論』へ

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
7月20日(水)~ 8月31日(水)
講座回数
6回
時間
14:45~16:15
講座区分
その他 
入学金
8,000円
受講料
17,820円
定員
30
その他
ビジター価格 20,493円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

関連講座

講座詳細

【目標】
・大乗仏教の端緒を知る
・「波羅蜜多」の語義と思想内容を知る
・『中論』における否定の意味を知る

【講義概要】
大乗仏典の最古層をなす経典群である「般若」系経典のサンスクリット・テキストを紐解き,大乗の発端に遡りつつ「般若波羅蜜多」という理念の多様な展開を追っていきます.その経には,言語的慣行に基く常識的諸見解が「ない」あるいは「いな」によって覆される場面が多く描かれていますが,その否定の理路の発展的継承がナーガールジュナの『中論』に認められます.その著作全体の基調をなす「非有」の論証を解きほぐすことによって「示される」「勝義」の在りかを探ります.

【各回の講義予定】
第1回 2022/ 7/20(水) 神通と般若
第2回 2022/ 7/27(水) 覚悟と無思
第3回 2022/ 8/ 3(水) 幻影と虚空
第4回 2022/ 8/10(水) 龍樹の「縁起」
第5回 2022/ 8/24(水) 龍樹の空性
第6回 2022/ 8/31(水) 至高の意味

備考

【ご受講に際して】
◆授業構成の一部としてサンスクリットの単語の説明を行いますが、語学的な知識は不要です。
◆『八千頌般若経』の現代語訳として『大乗仏典2・3 八千頌般若経』中公文庫が有用です.
◆ナーガールジュナと『中論』については中村元著『龍樹』を推薦します.

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 齋藤 直樹
肩書き 早稲田大学講師
プロフィール 1962年東京都出身。早稲田大学大学院東洋哲学専攻博士課程満期退学後、マールブルク大学にてPh.D.取得。著書『Das Kompendium der moralischen Vollkommenheiten』、論文「転変としての世界」「ナーガールジュナの馬」「「歩行者」の「歩行」」等がある。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.