検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2022-07-02 / 世界史 / 学内講座コード:120325

国際関係からみる清朝

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
7月 4日(月)~ 8月 8日(月)
講座回数
5回
時間
13:00~14:30
講座区分
その他 
入学金
8,000円
受講料
14,850円
定員
30
その他
ビジター価格 17,077円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

関連講座

講座詳細

【目標】
・清帝国の成立・拡大過程と、それを可能にした要因を考える。
・清帝国を核とする国際関係の構造を多角的に探求する。
・19世紀における伝統的国際秩序の解体・再編過程を検討する。

【講義概要】
中国東北の一角を占める小集団であったマンジュ(満洲)人は、16世紀末から急速に勢力を拡大し、世界史上有数の大帝国─清朝を作り上げました。この講義では、まず清朝の形成・拡大過程を概観した上で、発展・最盛期の清帝国の構造と特色を、主に国際関係という側面から検討します。さらに、19世紀に清朝をとりまく国際秩序が大きく変動する中で、帝国が解体・再編されていく過程に説き及びます。なお、今年度は特に清朝と日本、清朝とロシアの関係に焦点を当てて、踏み込んで論じたいと考えています。

備考

【ご受講に際して】
◆休講が発生した場合の補講は8月22日(月)を予定しています。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 柳澤 明
肩書き 早稲田大学教授
プロフィール 早稲田大学文化構想学部・文学部で「アジア史概論」「アジア史特殊講義」等を担当。専門分野は清朝史。特に清―ロシア関係史、八旗制をめぐる民族関係を、満洲語等の史料を用いて研究している。『岩波講座世界歴史』(岩波書店)第12巻の「清朝時代のモンゴル社会」、『中央ユーラシア史研究入門』(山川出版社)の第7章「露清関係の展開と中央ユーラシア」を執筆。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.