検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2022-08-21 / 文学 / 学内講座コード:120102

『伊勢物語』を読む

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
8月23日(火)~ 9月 6日(火)
講座回数
3回
時間
13:00~14:30
講座区分
数回もの 
入学金
8,000円
受講料
8,910円
定員
30
その他
ビジター価格 10,246円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

関連講座

講座詳細

【目標】
・著名な歌人在原業平のエピソードを知る。
・歌を核にして物語が作り上げられる虚構の方法について目を向ける。
・和歌の解釈について学ぶ。

【講義概要】
『伊勢物語』は125段の章段から成る歌物語です。ある「男」の初冠(ういこうぶり)から死までを一代記的な構成をとり描いた作品で、後代の文学に大きな影響を与えました。実在の歌人で「六歌仙」の一人として知られる在原業平をイメージさせる主人公が、多くの人々との関わり(恋人・友人・主従・親子など)の中で歌を詠む姿、人々との交流が描かれます。今回の講座では、65段「御手洗河」(二条の后関係の章段の一つ)から読み始め、81段あたりまでの主要な段(69段「狩の使」・76段以下の実録的章段)を順次取り上げながら、読み味わっていきます。また、適宜、他の作品への影響についても、ふれたいと思っています。

備考

【ご受講に際して】
◆『伊勢物語』の原文が全段収録されているテキストを必ずお持ちください(指定したテキスト以外のものでも、全段が収録されているものでしたらかまいません)。
◆2016年度夏学期・2016年度冬学期(2017年2月)の同名講座と重なる内容です。
◆冬講座(2022年2月)の続きですが、新たに受講される場合も支障はありません。

【テキスト・参考図書】
テキスト
『新版 伊勢物語』(角川ソフィア文庫)(ISBN:978-4044005016)

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 田畑 千恵子
肩書き 元早稲田大学講師
プロフィール 早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得。専門分野は平安時代の散文(『枕草子』・日記文学)。早稲田大学及び複数の大学で学部生の指導を担当してきた。主要論文「枕草子『かへる年の二月二十余日』の段の位相」(『日本文学研究資料新集 四』有精堂)、「枕草子日記的章段の方法」(『中古文学』36号)など。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.