検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2022-11-30 / 日本史 / 学内講座コード:2231T015

江戸の暗号 ~今も残る徳川の仕掛けとは?~

主催:東京都立大学オープンユニバーシティ東京都立大学 飯田橋キャンパス(東京都)]
問合せ先:東京都立大学オープンユニバーシティ TEL:03-3288-1050 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-5-1 E-Mail ou-kouza@jmj.tmu.ac.jp 東京都立大学オープンユニバーシティ 「学びたい」ものを「学びたい」ときに ㏚動画 https://youtu.be/KQE82OiwP_k Web https://www.ou.tmu.ac.jp/web/ facebookはじめました! https://www.facebook.com/tmu.openuniversity
開催日
12月10日(土)~12月17日(土)
講座回数
2回
時間
13:30~15:00
講座区分
数回もの 
入学金
3,000円
受講料
5,000円
定員
25
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

関連講座

講座詳細

【講座内容】
天正18(1590)年、江戸に入った家康は、江戸の改造に着手します。その後、秀忠・家光に受け継がれた都市計画は、平安京と異なる「霊的な防衛構造」がいたるところに見られます。本講座では、まず平安京の「霊的な防衛構造」を説明した後、平安京との違いを意識しながら江戸・東京に残された「徳川の仕掛け」を読み解いていきます。鬼門や裏鬼門の守護に関する従来の定説にも言及しますが、江戸城に設けられた「鬼門角欠」や天門の方角(北西)の重要性など、極力、新しい知見を述べたいと思います。また、江戸の「四神相応説」や「渦巻構造説」などを宗教と地理の観点から検証し、徳川家と怪僧・南光坊天海の真意に迫ります。はたして、徳川家が恐れたのは、何だったのか――。江戸の町に隠された謎を探ります。

【講座スケジュール】
第1回 12/10 13:30~15:00
第2回 12/17 13:30~15:00

備考

※本講座は、講師が過去に実施した同名講座とほぼ同じ内容です。

【対象者】
一般の方・大学生・高校生

単位数:1単位

※定員の充足状況の変化で、締切前でも受付終了・開講中止等になる場合があります。

お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 土方 勝一郎
肩書き 元 芝浦工業大学教授
プロフィール 博士(工学)。
東京大学工学部建築学科卒業。
東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修了。
民間企業勤務を経て、2013年から芝浦工業大学建築学部建築学科教授。専門は建築構造。
2021年3月、芝浦工業大学を退職。同年3月に、祥伝社新書から『江戸の暗号』を上梓。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.