検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-05-18 / 芸術・文化:絵画:その他教養 / 学内講座コード:5409

色でたどる近現代のデザインとカラーの歴史

主催:共立女子大学・共立女子短期大学共立女子大学・共立女子短期大学  神田一ツ橋キャンパス(東京都)]
問合せ先:共立アカデミー TEL:03-3512-9981
開催日
(1) 5 /25 明治前期 文明開化の色彩 鹿鳴館の貴婦人たち
(2) 6 / 8 明治後期 復活する日本の色彩 ハイカラさんが通る
(3) 6 /22 大正   大正ロマンと色彩 少女雑誌と夢二たち
(4) 7 / 6 昭和前期 昭和モダンの色彩 モボとモガ
(5) 7 /27 昭和中期(1945年~) カラー映画が作った生活革命
講座回数
全5回
時間
13:30~15:30
講座区分
前期 
入学金
2,000円
受講料
10,000円
定員
50
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

関連講座

講座詳細

明治に来日した化学者アトキンソンは「藍の国ニッポン」といった。文明開化は平安時代以来の色彩の開花でもあった。この講座では明治から平成までの150 年間の歴史の中で、色彩が作ったファッション、グラフィック、プロダクト・デザイン、雑貨、映画、劇空間などの多様な事例を紹介しながら、近現代日本が辿った「カラー・イン・ライフ」を学ぶ予定です。前期は明治から昭和の前期まで、後期に昭和中期から平成までを考察する予定です。

備考

後期講座(2020年1月開講予定)は以下の内容を予定。(昭和中期~平成)
6回目 1960年代 団塊の世代とアイビー
7回目 1970年代 資源枯渇で知るフォークロア
8回目 1980年代 世界を席捲したカワクボの黒
9回目 1990年代 コギャルから生まれる新しいカラー・コーディネート
10回目 2000年代 デジタルやLEDから生まれる新しい光色の世界

講師陣

名前 城 一夫
肩書き
プロフィール 共立女子学園名誉教授。
専門は色彩文化・模様文化の研究。著書に「色彩の宇宙誌」「西洋装飾文様事典」「装飾文様の東と西」「色の知識」「フランスの伝統色」「フランスの配色」「常識として知っておきたい美の概念60」「色で読み解く名画の歴史」「イタリアの伝統色」など多数。TV番組「北野武の色彩大紀行」など監修。展覧会「大江戸の色彩展」「明治・大正・昭和の色彩展」などの企画・構成を担当。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.