検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2022-09-05 / その他外国語 / 学内講座コード:222R105001

【インドネシア語】楽しくおさらいインドネシア語

主催:慶應義塾大学 外国語教育研究センター慶應義塾大学 外国語教育研究センター オンライン講座(東京都)]
問合せ先:外国語教育研究センター 公開講座 慶應外語事務室 TEL:03-5427-1592
開催日
10月06日(木)~01月12日(木)
講座回数
12回
時間
19:30~21:00
講座区分
後期 
入学金
 - 
受講料
30,000円
定員
15
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

過去に学んだ知識を実践的に活かしつつ、やさしい読み物を読みながら復習を進めていきます。
また特異な接辞の例なども新規に学習していきます。
インドネシア語学習経験者対象の講座につき基礎的な文法説明は省略しますが、読解資料を読み進めるなかで接辞の法則性や前置詞・接続詞で囲まれたブロックの見抜き方など都度おさらいしていきます。

備考

以前インドネシア語を勉強したことがあるけれど、その後インドネシア語に触れる機会が少なくなってしまった。辞書を片手にネット記事読解にチャレンジしてみるものの、内容が頭に入ってこない。そんな方々に向けたクラスです。
接辞の役割や、接辞が付加することで意味が変わることは概ね理解できている。単語単体の意味もわかる。しかし、いざ長文読解となると文章の切れ目が見抜けない。文章全体のストーリーがよくわからない。その原因は、接辞の付加した単語(のかたちと意味)だけに注目してしまっているからかもしれません。
この講座では、難易度がそれほど高くない短めの読み物を読みながら、文法全般の復習をおこなっていきます。また倒置や強調など、「教科書的な短い例文」とは違う「実際の生きた文章」に用いられがちな技についての解説も行っていきます。
新聞記事や小説の抜粋など、いろいろな文体(gaya bahasa)の読み物を読み進めるなかで、過去に学んだ文法の要点を思い出しながら、長文ならではのクセを新規に学習しながら、インドネシア語の面白さ・奥深さを楽しく見出していきましょう。
「句」「節」の切れ目や受動倒置を見抜けるようになりますので、今後独学で記事や小説などの読解に取り組む際に物語が容易に把握できるようになります。

講師陣

名前 入船 ゆかり
肩書き イリフネ ユカリ
プロフィール 【講師からのコメント】
ゆっくり丁寧に読解を進めていきます。
過去に学んだことを思い出しながら、そして長文ならではの特徴(受動や倒置、強調)が多く現れる文体に慣れ親しんでいきましょう。
※読解資料は都度配付いたします。
資料を請求する
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.