検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2023-01-25 / 日本史 / 学内講座コード:04FC27

徳川家康と豊臣五奉行~関ヶ原合戦をめぐる権力闘争1

主催:敬愛大学敬愛大学 稲毛駅前センター(千葉県)]
問合せ先:敬愛大学 稲毛駅前センター フリーダイヤル 0120-077-420
開催日
02月06日(月)~02月20日(月)
講座回数
3回
時間
15:40~17:10
講座区分
数回もの 
入学金
 - 
受講料
5,700円
定員
7
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

関連講座

講座詳細

2023年の大河ドラマは「どうする家康」です。近年、関ヶ原合戦については次々と新説が提起され、話題となっています。一方、合戦の主役となった五大老の生涯はよく知られていますが、五奉行に関しては石田三成を除くと、ほとんど知られていません。なかでも、増田長盛、長束正家、前田玄以は関係史料が乏しく、その来歴についてはご存じない方も多いと思います。また、従来、五大老は五奉行よりも上と考えられてきましたが、近年の研究で必ずしもそうとは言えなくなってきました。本講座では、五奉行の生い立ち、豊臣政権下における五奉行の役割、五大老と五奉行との関係を中心に据え、関ヶ原合戦の経過、戦後の五奉行の動向を検討します。

【スケジュール】
第01回 02月06日(月) 五奉行たちの来歴
第02回 02月13日(月) 秀吉の天下統一と五奉行
第03回 02月20日(月) 秀吉死後の情勢と五奉行の成立

備考

授業スケジュールは、進み具合によって変更する場合があります。

講師陣

名前 渡邊 大門
肩書き 株式会社歴史と文化の研究所代表取締役
プロフィール 関西学院大学文学部史学科卒業。佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、株式会社歴史と文化の研究所代表取締役。十六世紀史研究学会代表。千葉県市川市在住。日本中近世史の研究を行いながら、執筆や講演活動に従事する。主要著書に『関ヶ原合戦全史 1582-1615』(草思社)、『戦国大名の戦さ事情』(柏書房)、『ここまでわかった! 本当の信長 知れば知るほどおもしろい50の謎』(光文社・知恵の森文庫)、『清須会議 秀吉天下取りのスイッチはいつ入ったのか?』 (朝日新書)『本能寺の変に謎はあるのか? 史料から読み解く、光秀・謀反の真相』(晶文社)など多数。
Yahoo! ニュースに「戦国こぼれ話」執筆中    
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.