検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-09-22 / 文学 / 学内講座コード:02FC8

コロナ禍の今だからこそ聞きたい 疫病の平安文学史

主催:敬愛大学敬愛大学 稲毛駅前センター(千葉県)]
問合せ先:敬愛大学 稲毛駅前センター フリーダイヤル 0120-077-420
開催日
10月05日(月)~11月02日(月)
講座回数
3回
時間
15:20~16:50
講座区分
後期 
入学金
 - 
受講料
5,700円
定員
10
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

新型コロナが猛威を振るっていますが、私たちの先祖もそういう災禍に見舞われていました。奈良時代後期の天平の疫病大流行では、政権の中枢を担っていた藤原四兄弟が亡くなり、世間は震撼しました。また、平安時代前期にもインフルエンザと思しい疫病が大流行。結果、不慮の死を遂げた御霊に祈りを捧げる「御霊会」が行なわれるようになります。古典文学に書かれた疫病のすがたを通じて、私たちにはいま何ができるのか、考えゆきます。
【スケジュール】
第01回 10月05日(月) 天平の疫病大流行―天然痘の悲劇
第02回 10月19日(月) 御霊会と祇園祭のワケ
第03回 11月02日(月) 疱瘡(もがさ)と平安貴族の格闘

講師陣

名前 柴田 まさみ
肩書き 株式会社 カルチャー古典文学敬愛大学生涯学習講師
プロフィール 大東文化大学大学院文学研究科 日本文学専攻 前期博士課程修了
大学院在籍中から文系科目の学習塾講師を務める。
大学院卒業後、株式会社カルチャー、八州学園大学公開講座講師として活躍。
特に「更級日記」に関する研究論文を多く執筆。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.