検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2022-12-03 / 日本史:経済:政治 / 学内講座コード:1290838

古文書で読みとく江戸の町

主催:実践女子大学生涯学習センター実践女子大学 日野キャンパス(東京都)]
問合せ先:実践女子大学生涯学習センター
開催日
12/10・2/25・3/11・3/18
講座回数
4
時間
10:55~12:25
講座区分
後期 
入学金
3,300円
受講料
8,800円
定員
50
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

 古文書の勉強を始めたばかりの方、簡単なくずし字が読める方、古文書を読んだことがある方を対象に
古文書解読を基礎から学びます。
 テキストには、寛政改革期の江戸の町触を使います。町触からは町会所の設置などの江戸幕府の政策だけではなく、
庶民の暮らしぶりや町名主の職務もわかります。古文書を読みながら、江戸の町の姿をみていきます。

備考

持ち物:根岸茂夫他編『新編古文書解読字典』(柏書房)

講師陣

名前 岩橋 清美
肩書き 國學院大學准教授
プロフィール 法政大学大学院博士課程日本史学専攻修了。博士(史学)。専門は多摩地域を中心にした地域史・文化史。最近では江戸時代の災害や天変について研究している。著書に『近世日本の歴史意識と情報空間』(名著出版)、『オーロラの日本史』(共著、平凡社)、『幕末の八王子千人同心と長州征討』(共著、岩田書院)がある。
資料を請求する
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.