検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2022-10-10 / 文学 / 学内講座コード:1290835

今昔・日本のむかし話 ―武士をめぐる話を読む―

主催:実践女子大学生涯学習センター実践女子大学 日野キャンパス(東京都)]
問合せ先:実践女子大学生涯学習センター
開催日
10/17・10/24・11/21・11/28・12/12・12/26
講座回数
6
時間
13:15~14:45
講座区分
後期 
入学金
3,300円
受講料
13,200円
定員
50
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

関連講座

講座詳細

 『今昔物語集』や『宇治拾遺物語』に代表される日本の説話(小さな物語)の数々を様々な角度から読み解き、その魅力ある世界をさぐっていきたいと思います。今回は、『今昔物語集』巻25の武士をめぐる説話を中心に読んでいきたいと思います。

【第1回】東国原野の一騎打ちの話
【第2回】親の敵討ちの話
【第3回】余五将軍の逆襲の話
【第4回】源賴光の狐退治の話
【第5回】保昌と袴垂の話
【第6回】平忠常の乱の話

備考

テキスト:『今昔物語集 本朝部(中)』(岩波文庫)(個人購入)

講師陣

名前 小峯 和明
肩書き 立教大学名誉教授
プロフィール 1947年、静岡県熱海市生まれ。早稲田大学大学院修了。文学博士。日本中世文学専攻。立教大学文学部名誉教授。著書『説話の森』(岩波書店)、『説話の声』(新曜社)、『今昔物語集の世界』(岩波書店)、『中世説話の世界を読む』(岩波書店)、『『野馬台詩』の謎』(岩波書店)、『中世日本の予言書』(岩波新書)などがある。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.