検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2022-05-09 / 経営全般:財務:法務 / 学内講座コード:4380003

履修証明プログラム 実践キャリアアッププログラム マネジメントリテラシー

主催:実践女子大学生涯学習センター実践女子大学 渋谷キャンパス(東京都)]
問合せ先:実践女子大学生涯学習センター
開催日
6/4・6/11・6/18・6/25・7/2・7/9・7/16・7/23・7/30・8/27・9/3・9/17・9/24・10/1・10/15・10/22・10/29・11/19
講座回数
55 1コマ90分(合計82.5時間) 日程は詳細をご確認ください。
時間
土曜日9:00~16:40
講座区分
通年 
入学金
 - 
受講料
99,000円
定員
15
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

「マネジメントリテラシー修得コース」は、組織のリーダーに必要な経営に係る専門的知識およびマネジメント能力を修得し、履修者のキャリアアップ支援を目的としています。新しい時代を歩む方々に広く門戸を開き、切磋琢磨して学ぶことで、より実践的な教育を実現します。

【特徴】
・社会人の方々の職業に必要なマネジメント能力の向上を図る機会を提供します。
・再就職を希望される方には必要に応じてキャリアコンサルティングを実施します。
・ケーススタディ、アクティブ・ラーニングを活用した実践的教育を実施します。
・土曜日に授業を開講することで、社会人の方々に学びやすい環境を提供します。
・修了者の学びネットワークを構築し、継続して研鑽の機会を提供します。
・プログラムの修了者には、学校教育法の規定に基づく履修証明書を発行いたします。

【授業詳細】
■分野 人材マネジメント ■科目 リーダーシップ ■講師 谷内 篤博
 本講義では、リーダーシップ理論を体系的に学ぶと同時に、ケーススタディやロールプレイングを通じて、望ましいリーダーシップの発揮の仕方を修得していきます。また、リーダーシップスタイルなどの自己診断を実施して、自分のリーダーとしての特徴を把握します。
<日程>
6/4(土) 10:00~15:30
6/11(土) 10:00~15:30
6/18(土) 10:00~15:30
6/25(土) 10:00~11:30

■分野 財務・経理 ■科目 簿記・経営分析 ■講師 蒋 飛鴻
 ビジネスパーソンとして、企業の財務状態や経営成績を正しく理解し、経営分析の知識を身につけることが必要です。本講義では、財務諸表の分析手法の修得を目的とします。最終的にはビジネス・リサーチにたいする基本的な考え方を育成することにより、企業経営に関する総合的な分析能力を養ってほしいです。
<日程>
6/25 (土) 11:45~15:30
7/2 (土) 10:00~15:30
7/9 (土) 10:00~15:30
7/16(土) 10:00~13:15

■分野 戦略 ■科目 企業戦略論 ■講師 篠﨑 香織
 本講義では、現在はもとより将来組織を束ねていく人材に向けて、組織と戦略に関する理論を学び実践で活かせる力の養成を図ります。フォロワーとして、リーダーとして、マネジャーとして組織の中でどのように行動するか、これらは動機づけアプローチを学ぶことを通して、組織をどのような方向に導いていくのかについては、技術と市場のマッチングや多様な人材活用の観点からの学びを通して、履修者の手掛かりになるようにケース分析やディスカッションを取り入れながら進めていきます。
<日程>
7/16(土) 14:00~17:15
7/23 (土) 10:00~17:15
7/30 (土) 10:00~17:15

■分野 マーケティング ■科目 マーケティング論 ■講師 井上 綾野
 マーケティングは、これまで顧客のことを第一に考えるものが主流でしたが、近年、企業と顧客の関係性のみならず、社会全体をより良い方向へ導いていくことが求められています。本講義では、顧客志向から社会志向へと変化するマーケティングの理論や事例を学び、ケーススタディを通じて、企業の中で課題を解決する能力を養成していきます。
<日程>
8/27 (土) 10:00~15:30
9/3 (土) 10:00~15:30
9/17 (土) 10:00~15:30
9/24 (土) 10:00~11:30

■分野 人材マネジメント ■科目 人的資源管理 ■講師 谷内 篤博
 本講義では、企業における最も重要な資源ともいうべき人材に焦点をあて、心理学や行動科学など人的資源管理(HRM)に隣接する学問の知見を活用し、望ましい人材マネジメントのあり方を修得していきます。授業では、先進的な企業の人材マネジメントについても紹介をしていきます
<日程>
9/24 (土) 11:45~15:30
10/1 (土) 10:00~15:30
10/15 (土) 10:00~15:30
10/22 (土) 10:00~13:15

■分野 リーガルリテラシー ■科目 会社法 ■講師 神山 静香
グローバル化が急速に進展するビジネス世界で企業が利益を生み出すには、ビジネスに関わる法律やルールを知り、知識を使いこなしてビジネスを発展させる力が求められます。本講義では会社の設立、SDGs・ESGと企業の情報開示、企業の資金本ルールで調達(ファイナンス)、M&A(合併・買収)、国際取引と契約交渉、役員の義務と責任等に関するケーススタディを通じて、ビジネスの基本ルールである「会社法」の知識を修得し、会社の事業戦略を法的側面から分析する力を養います。
<日程>
10/22 (土) 14:00~15:30
10/29 (土) 10:00~13:15
11/19 (土) 10:00~13:15

備考

募集要項
1 応募資格 大学または短期大学を卒業した者及びこれと同等以上の学力を有する者で、就業経験のある者
2 会  場 実践女子大学 渋谷キャンパス
3 定  員 15 名(最少開講人数5 名)
4 受講期間 2022 年6 月から2022 年11 月修了
5 講義時間
1コマ 90 分 (合計 82.5 時間)※講義時間に試験を含みます。
6 受講料 99,000 円(税込)
7 申込期間 2022 年4 月1 日~ 2022 年5 月9 日(必着)
※やむを得ない理由により間に合わない場合は、ご連絡ください。
8 申込方法
下記の①②を簡易書留で、実践女子大学生涯学習センターへ送付してください。
①受講申込書(所定用紙/ リーフレット綴じ込み)
②最終学歴を証明する各種証明書
( 改姓により証明書と姓が異なる場合は「戸籍抄本」を添付してください。)
< 送付先> 〒191-8510 東京都日野市大坂上4-1-1
     実践女子大学生涯学習センター
9 手続き
書類審査後、改めてご連絡いたします。その後、所定の方法で受講料を納入してください。

10 修了要件 以下の条件を満たした者を修了者として認定します。
・所定の修了試験またはレポート試験に合格した者
・全科目においてシラバスに定める成績評価の要件を満たした者
・履修期間内に合計60時間以上を受講した者
※単位は授与しません。
11 履修証明書 プログラムの修了者には、学校教育法の規定に基づく履修証明書を交付します。

お問い合わせ先
実践女子大学生涯学習センター
TEL: 042-589-1212 月曜日~金曜日 10:00~17:00/日・祝日は休み ※大学の行事等で休館することがあります。
E-mail: shogai-gakushu@jissen.ac.jp
URL: https://www.syogai.jissen.ac.jp/

講師陣

名前 谷内篤博
肩書き 実践女子大学人間社会学部 現代社会学科 教授
プロフィール 早稲田大学法学部卒業、筑波大学大学院教育研究科修士課程(カウンセリング専攻)修了。
上場企業での管理職、住友ビジネスコンサルティング(現 日本総合研究所)、三和総
合研究所(現 三菱UFJリサーチ&コンサルティング)での人事コンサルタントを経て大
学教員となる。専門は人的資源管理、組織行動論。単著として『大学生の職業意識とキャリ
ア教育』『働く意味とキャリア形成』『個性を活かす人材マネジメント』(いずれも勁草書房)
『日本的雇用システムの特質と変容』(泉文堂)など。
名前 蒋 飛鴻
肩書き 実践女子大学人間社会学部 現代社会学科 准教授
プロフィール 明治大学経営学部卒業、明治大学大学院経営学研究科博士後期課程修了(博士・経営学)。同済大学経済管理学部(中国上海)専任講師、明治大学専門職大学院(会計専門職研究科、グローバル・ビジネス科)兼任講師、明治大学大学院経営学研究科特任講師を経て、現職に至る。単著として、「キャッシュ・フロー情報の予測能力―利益情報との比較において―」(『経理知識』第84号)、『中国における連結、個別情報の有用性の検証』(『會計』第167巻第2号)など、共著として『財務分析からの会計学』(森山書店)、『企業簿記論』(白桃書房)がある。
名前 篠﨑 香織
肩書き 実践女子大学人間社会学部現代社会学科教授
プロフィール 早稲田大学社会科学部卒業、早稲田大学社会科学研究科修士課程修了、北陸先端科学技術大学院大学博士前期課程・博士後期課程修了(博士:知識科学)。北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科助手、東京富士大学経営学部専任講師、准教授、実践女子大学人間社会学部准教授を経て、現職。著書に『企業統治と経営行動』(分担執筆、文眞堂)、『石油化学産業のイノベーション』(共著、JAIST Press)等、論文に「M&Aに伴う企業境界の変化が研究開発に及ぼす影響-『民間企業の研究活動に関する調査』による概観-」(共著、『日本知財学会誌』)、「買収によるクローズドおよびインテグラル型製品アーキテクチャの強化-医療用モニターメーカーの外部資源獲得と活用のケース分析-」(単著、経営行動研究年報』)等がある。
名前 井上 綾野
肩書き 実践女子大学人間社会学部 現代社会学科 准教授
プロフィール 同志社大学商学部卒業、慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程修了、慶應義塾大学大学院商学研究科後期博士課程単位取得満期退学(修士(商学))。目白大学経営学部専任講師、准教授を経て現職。著書に『マーケティング論の基礎』(共著、同文舘出版)等、論文に「消費者行動研究に基づく倫理的消費推進策の提案」(単著、『消費者政策研究』)等がある。
名前 神山 静香
肩書き 実践女子大学人間社会学部 現代社会学科 専任講師
プロフィール 米国系人事・組織コンサルティング会社等を経て現職。中央大学大学院法学研究科博士後期課程修了(博士(法学))。専門は会社法。研究領域は、会社法、金融商品取引法、日米比較会社法学。著書に「敵対的買収における取締役の義務―株主利益最大化原則と効率性基準に基づく企業価値概念に関する一考察」『商事立法における近時の発展と展望 丸山秀平先生古稀記念論文集』(単著、中央経済社)、『現代企業法のエッセンス』(共著、文眞堂、2022年4月刊行予定)、「クロスボーダーM&Aと証券法規制の域外適用」(単著、『比較法雑誌』)、「流通市場における不実開示と発行会社の民事責任-Rule10b-5訴訟におけるサイエンターの訴答(pleading)と実証分析を用いた法の評価について-」(単著、『比較法雑誌』)、翻訳にマルティン・ヒルブ著『戦略経営マニュアル 取締役会を成功させる実践ツール集』(共著、レクシスネクシス・ジャパン株式会社)等がある。
資料を請求する
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.