検索:

トップ > 多摩美術大学公開講座 オススメ講座


  • 誰にでも
    美術・芸術の扉は
    開かれています。

おすすめ講座一覧

オンデマンド受講 / 六本木・東京ミッドタウン会場受講

TAMABI トーク・ラウンジ2022-23
―対話形式による新・教養講座
美術・音楽・文学・哲学…について語る A
タイポロジックの源泉―写すこと・刻むこと

【オンデマンド受講】講座申込・資料請求

【会場受講】講座申込・資料請求

開催日
会場:2022年9月29日(木・全1回)
時 間
会場:18:00~19:30
受講料
会場:3,000円 / オンデマンド:1,500円
講 師
永原康史(多摩美術大学情報デザイン学科情報デザインコース教授、グラフィックデザイナー、竹尾アーカイヴズ ディレクター)
港千尋(本学情報デザイン学科メディア芸術コース教授、芸術人類学研究所所員、写真家、文筆家)

多摩美術大学の「教養総合講座」という授業の学外版です。本学の「実技科目を担う教員」と「理論科目を担う教員」がそれぞれの作品制作や研究活動を基に対談します。美術大学ならではの講師陣による自由闊達な対話は、新たな知見を生み出すことでしょう。多種多様な視点から探る、新しいかたちの教養講座です。

オンデマンド受講 / 六本木・東京ミッドタウン会場受講

TAMABI トーク・ラウンジ2022-23
―対話形式による新・教養講座
美術・音楽・文学・哲学…について語る B
東洋思想と現代美術

【オンデマンド受講】講座申込・資料請求

【会場受講】講座申込・資料請求

開催日
会場:2022年9月30日(金・全1回)
時 間
会場:18:00~19:30
受講料
会場:3,000円 / オンデマンド:1,500円
講 師
安藤礼二(多摩美術大学芸術学科教授、多摩美術大学図書館長、芸術人類学研究所所員、文芸評論家)
木下京子(多摩美術大学リベラルアーツセンター教授(日本美術史)、美術史家)

多摩美術大学の「教養総合講座」という授業の学外版です。本学の「実技科目を担う教員」と「理論科目を担う教員」がそれぞれの作品制作や研究活動を基に対談します。美術大学ならではの講師陣による自由闊達な対話は、新たな知見を生み出すことでしょう。多種多様な視点から探る、新しいかたちの教養講座です。

オンデマンド受講 / 六本木・東京ミッドタウン会場受講

TAMABI トーク・ラウンジ2022-23
―対話形式による新・教養講座
美術・音楽・文学・哲学…について語る C
アート・デザイン・人類学

【オンデマンド受講】講座申込・資料請求

【会場受講】講座申込・資料請求

開催日
会場:2022年11月29日(火・全1回)
時 間
会場:18:00~19:30
受講料
会場:3,000円 / オンデマンド:1,500円
講 師
佐藤直樹(多摩美術大学グラフィックデザイン学科教授、芸術人類学研究所所員、3331 Arts Chiyoda デザインディレクター、東京ビエンナーレ クリエイティブディレクター)
中村寛(多摩美術大学リベラルアーツセンター教授(文化人類学)、アトリエ・アンソロポロジー代表)

多摩美術大学の「教養総合講座」という授業の学外版です。本学の「実技科目を担う教員」と「理論科目を担う教員」がそれぞれの作品制作や研究活動を基に対談します。美術大学ならではの講師陣による自由闊達な対話は、新たな知見を生み出すことでしょう。多種多様な視点から探る、新しいかたちの教養講座です。

オンデマンド受講 / 六本木・東京ミッドタウン会場受講

TAMABI トーク・ラウンジ2022-23
―対話形式による新・教養講座
美術・音楽・文学・哲学…について語る D
日本の庭園と仏教

【オンデマンド受講】講座申込・資料請求

【会場受講】講座申込・資料請求

開催日
会場:2023年3月24日(金・全1回)
時 間
会場:14:00~15:30
受講料
会場:3,000円 / オンデマンド:1,500円
講 師
枡野俊明(多摩美術大学環境デザイン学科教授、庭園デザイナー、徳雄山瑞雲院建功禅寺住職)
木下京子(多摩美術大学リベラルアーツセンター教授(日本美術史)、美術史家)

多摩美術大学の「教養総合講座」という授業の学外版です。本学の「実技科目を担う教員」と「理論科目を担う教員」がそれぞれの作品制作や研究活動を基に対談します。美術大学ならではの講師陣による自由闊達な対話は、新たな知見を生み出すことでしょう。多種多様な視点から探る、新しいかたちの教養講座です。

オンデマンド受講 / 六本木・東京ミッドタウン会場受講

TAMABI トーク・ラウンジ2022-23
―対話形式による新・教養講座
美術・音楽・文学・哲学…について語る E
美術と音楽

【オンデマンド受講】講座申込・資料請求

【会場受講】講座申込・資料請求

開催日
会場:2023年3月25日(土・全1回)
時 間
会場:14:00~15:30
受講料
会場:3,000円 / オンデマンド:1,500円
講 師
椹木野衣(多摩美術大学リベラルアーツセンター教授(現代美術)、芸術人類学研究所所員、美術評論家)
ヲノサトル(多摩美術大学リベラルアーツセンター教授(サウンドデザイン)、作曲家、音楽家)

多摩美術大学の「教養総合講座」という授業の学外版です。本学の「実技科目を担う教員」と「理論科目を担う教員」がそれぞれの作品制作や研究活動を基に対談します。美術大学ならではの講師陣による自由闊達な対話は、新たな知見を生み出すことでしょう。多種多様な視点から探る、新しいかたちの教養講座です。

六本木・東京ミッドタウン会場受講

春画の歴史と展開
―浮世絵を中心とした表現の軌跡
【A】(金曜クラス)

講座申込・資料請求

開催日
2023年3月17日、24日(金・全2回)
時 間
18:00~19:30
受講料
6,000円
講 師
山本ゆかり(美術史家、多摩美術大学非常勤講師)

春画の歴史は古代中国に遡り、日本にも伝わって脈々と描き継がれてきました。17世紀後半に浮世絵が成立すると、版画の媒体に載って春画の表現は飛躍的に発展します。生き生きと描かれた艶やかな世界―日本の春画史と表現の展開について、浮世絵を中心に辿っていきましょう。

六本木・東京ミッドタウン会場受講

春画の歴史と展開
―浮世絵を中心とした表現の軌跡
【B】(土曜クラス)

講座申込・資料請求

開催日
2023年3月18日、25日(土・全2回)
時 間
18:00~19:30
受講料
6,000円
講 師
山本ゆかり(美術史家、多摩美術大学非常勤講師)

春画の歴史は古代中国に遡り、日本にも伝わって脈々と描き継がれてきました。17世紀後半に浮世絵が成立すると、版画の媒体に載って春画の表現は飛躍的に発展します。生き生きと描かれた艶やかな世界―日本の春画史と表現の展開について、浮世絵を中心に辿っていきましょう。

オンデマンド受講

連続講座「○○世紀の芸術家列伝Ⅲ―17世紀」後半

講座申込・資料請求

開催日
2022年10月1日 ~2023年3月18日(全11回)
時 間
約1週間配信(各講座 約90分)
受講料
13,000円
講 師
多摩美術大学教員 他

ひとりの芸術家が歩んだ道は、時代がつくり上げた道でもあるでしょう。それは現代に通じる道でもあります。そこで、新たな眼差しで歴史上のひとりの芸術家をとらえながら、講座を通じて十数人の作家と作品でその世紀を眺め、それによって〈○○世紀〉を芸術の側から眺めていきましょう。

八王子キャンパス受講

この一点 ― どうしても伝えたい作品の力と魅力 後半

講座申込・資料請求

開催日
2022年9月24日、10月15日、12月10日、2023年3月4日(土・全4回)
時 間
15:30~16:40
受講料
6,000円
講 師
多摩美術大学教員

有名な作品、そうでもない作品、聞いたこともない作品…、どのような作品が話されるのでしょう。けれども、その作品が、数多くある作品から選ばれたということ。なぜ、その作品がその人にとって「この一点」なのか、そんな語り手の眼差しと作品の不思議を見つめていきます。

オンライン受講

ジャズさらに来るべきもの
―The More Shape of Jazz to Come

講座申込・資料請求

開催日
2022年10月20日、27日、11月10日(木・全3回)
時 間
15:00~16:10(第3回のみ15:00~16:30)
受講料
5,500円
講 師
久保田晃弘(アーティスト、研究者、多摩美術大学教授)
中村寛(文化人類学者、多摩美術大学教授)

世界の音楽と混交しながら多様に変化し続けてきたジャズ。その間いくつもの音の実験があり、爆発や飛翔、逸脱がありました。それでもなお、ジャズは進化し聴かれ続けるのはなぜなのか。工学と人類学の視点から、今日の、そしてこれからのジャズを語り、議論-セッションしていきます。

あそびじゅつ

八王子キャンパス受講

あそびじゅつ Aちいさな いろいろガラスで、絵を描く

講座申込・資料請求

開催日
2022年10月29日(土・全1回)
時 間
10:00~15:00
受講料
3,000円(材料費別途1,000円)
講 師
池本一三(ガラス作家、多摩美術大学教授)

ガラスが絵の具になるって、知ってる?
そんな、今までと違った素材で描いてみよう。

多摩美術大学美術館受講

あそびじゅつ Bなんでもない箱を、きみが何かにしてみよう

講座申込・資料請求

開催日
2022年11月26日(土・全1回)
時 間
10:30~15:30
受講料
3,000円(材料費別途1,000円)
講 師
海老塚耕一(美術家、多摩美術大学教授)

どこにでもある箱が変化していく。
なぜって、きみが何かを探し、何かをしていくからだね。

多摩美術大学美術館受講

あそびじゅつ Cなんでもない箱を、きみが何かにしてみよう

講座申込・資料請求

開催日
2022年11月27日(日・全1回)
時 間
10:30~15:30
受講料
3,000円(材料費別途1,000円)
講 師
海老塚耕一(美術家、多摩美術大学教授)

どこにでもある箱が変化していく。
なぜって、きみが何かを探し、何かをしていくからだね。

八王子キャンパス受講

あそびじゅつ D「こわす・つくる」をくり返したら、作品になった

講座申込・資料請求

開催日
2023年1月14日(土・全1回)
時 間
10:00~15:00
受講料
3,000円(材料費別途1,000円)
講 師
柏木弘(画家、多摩美術大学教授)

描くためのキャンバスをこわしたら、何が見えてくるのかな。
つくるってこわすこと、こわすってつくることなんだ。

上野毛キャンパス受講

あそびじゅつ E何で描く、筆それとも鉛筆?それではつまらないから、どうしよう

講座申込・資料請求

開催日
2023年3月18日(土・全1回)
時 間
10:00~15:00
受講料
3,000円(材料費別途1,000円)
講 師
海老塚耕一(美術家、多摩美術大学教授)

いつもと違ったもので描いてみたら、何が見えてくるだろう。
道具を考えて、描いてみよう。

お問い合わせ

多摩美術大学 生涯学習センター
〒192-0394 東京都八王子市鑓水2-1723

全ての受付中の講座を見る


↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.