検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-04-18 / その他教養:法務 / 学内講座コード:110716

映像で語る「驚異!大自然と動物たち」

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
4月20日(土)~6月15日(土)
講座回数
8回
時間
13:00~14:30
講座区分
前期 
入学金
8,000円
受講料
31,328円
定員
30
その他
ビジター価格 34,827円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・大自然の驚異や知られざる動物たちの生態を追います。
・舞台は最後の秘境、北極、南極、アフリカ、アマゾン、さらに、深海に住むダイオウイカなどです。
・一方、気候温暖な日本の素晴らしい自然や、足元の小宇宙で密かに繰り広げられる植物たちも紹介します。
・初めての試みとして、市井のフクロウ博士が実物のフクロウを教室に持ち込みます。触って貰うことを通して、繊細かつダイナミックな地球の生物や大自然を余すところなく満喫して頂きます。
・最後に、自然から受ける報復の脅威についてもお伝え致します。ゲストスピーカーは、全てその道のエキスパートです。

【講義概要】
第1回のゲストスピーカーは、「NHKスペシャル」や「ダーウィンが来た!」など、NHKの自然番組を統括する「科学環境番組部」部長です。歴代の大型企画や名作を俯瞰して貰い、撮影の裏話しや、動物の生態に迫る新兵器に触れて貰います。第2回は、百獣の王「ライオン」追跡30年の専門家、フリーディレクターが語ります。第3回は、動物写真家、探検家、詩人として著名な故・星野道夫氏の未公開映像を発見し、国際的にも知られるディレクターが、自作の「生きもの地球紀行」も含めて語ります。第4回は、フクロウとの同居生活5年の木ノ本氏が、知られざるフクロウの生態を語ります。一見、頭を360度回転するように見える実物に、希望者は触れることが出来ます。第5回は、深海の巨大魚、ダイオウイカの撮影に成功した取材班が、南極の深海に挑みました。その結果は? 第6回は、日本の美しき自然や景観を、専門の委員会がランク付けをしました。その結果を中心人物が語ります。第7回は、足元の植物たちが、密かに行なっている見事な生存戦略を新兵器CMで紹介します。最終回は、自然の報復で私たちに脅威を与えることもあります。専門家が話します。

【各回の講義予定】
第1回 2019/ 4/20(土) NHKの名作自然番組を語る

第2回 2019/ 4/27(土) 百獣の王「ライオン」追跡30年

第3回 2019/ 5/11(土) 写真家 星野道夫を語る~未公開映像 発見~

第4回 2019/ 5/18(土) 知られざる「フクロウ」の真実~同居生活5年~

第5回 2019/ 5/25(土) 深海の巨大生物を追う~ダイオウイカと南極の生物~

第6回 2019/ 6/ 1(土) 日本の美しき自然

第7回 2019/ 6/ 8(土) 足元の小宇宙~生命を見つめる植物写真家~

第8回 2019/ 6/15(土) 地球の驚異と脅威

備考

【ご受講に際して】
◆各回講義内容・ゲストスピーカー及びゲストスピーカーの講義日は変更となる場合があります。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 林 勝彦
肩書き NHK元エグゼクティブ・プロデューサー、サイエンス映像学会会長、科学ジャーナリスト賞選考委員
プロフィール 1943年東京出身。慶應義塾大学卒。NHKで二百本程番組制作。日本賞等66賞受賞。代表作はNHKスペシャル「驚異の小宇宙 人体 / 脳と心 / 遺伝子・DNA」東大客員教授、TUT教授、文科省学術審議会委員、科学ジャーナリスト塾長等歴任。著書『科学ジャーナリストの警告』(清流出版)映画「いのち」監督・制作。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.