検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-02-14 / 世界史 / 学内講座コード:340304

ロシアのミネルヴァ、女帝エカテリーナ2世

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 中野校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
2019年2月16日(土)~2019年3月 2日(土)
講座回数
3回
時間
15:00~16:30
講座区分
その他 
入学金
8,000円
受講料
8,748円
定員
24
その他
ビジター価格 10,060円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・女帝エカテリーナ2世の政策や活動がもつ政治的文化的意義を理解する。
・ロシア史に対する理解を深める。

【講義概要】
ミネルヴァは戦いと知恵、芸術を司る多面的な女神です。18世紀後半のロシアの女帝エカテリーナ2世は、まさに様々な分野で精力的に活動しました。クーデタで帝位に即いた、ドイツ小領邦出身の元皇太子妃が長く安定した治世を築き、ロシアを繁栄に導きました。女帝の活動を人生と治世、貴族との関係、エルミタージュに関わる文化的活動の3つの面から取り上げます。愛と確執のエピソードを交え、彼女の人柄も明らかにしたいと思います。

【各回の講義予定】
第1回 2019/ 2/16(土) ロシアのミネルヴァ:女帝の人生と治世
第2回 2019/ 2/23(土) 女帝と貴族:貴族に対する政策など
第3回 2019/ 3/ 2(土) 女帝のエルミタージュ:絵画収集

備考

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 池本 今日子
肩書き 大東文化大学准教授
プロフィール 鎌倉市出身。早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学。博士(文学)。早稲田大学、上智大学ほかでロシア史等の講師を経て現職。専門分野はロシア近世近代史。著作に『ロシア皇帝アレクサンドル一世の外交政策――ヨーロッパ構想と憲法』(風行社)ほか。政治外交史のほか戦争、記憶、宮廷に関心を持つ。
資料を請求する
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.