検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-02-14 / 日本史 / 学内講座コード:240236

国語辞典を通して日本語を見る

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
2019年2月16日(土)~2019年2月16日(土)
講座回数
1回
時間
※途中休憩をはさみます。
講座区分
その他 
入学金
8,000円
受講料
8,748円
定員
30
その他
ビジター価格 10,060円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・それぞれの辞書には個性があることを理解する。
・ことばの意味・用法について科学的に考える力を身につける。
・お互いのことばを尊重する考え方を養う。

【講義概要】
国語辞典が、単に文字を確認したり、ことばの意味を調べる道具である時代は終わりつつあります。そのことばをどんな場面で使うか、どんなことに注意して使えばいいかなどの説明も、国語辞典には求められています。SNSが発達した現在、辞書はネット上に飛び交うデマを正す役割も担う責任が加わりました。国語辞典の作り方や歴史、辞書ごとの違いなどに触れつつ、私たちは辞書をどう利用し、ことばにどう向き合えばいいかを考えます。

備考

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 飯間 浩明
肩書き 国語辞典編纂者
プロフィール 1967年、香川県高松市生まれ。早稲田大学第一文学部卒。同大学院博士課程単位取得退学。『三省堂国語辞典』編集委員。著書『辞書を編む』(光文社新書)、『小説の言葉尻をとらえてみた』(同)、『国語辞典のゆくえ』(NHKシリーズ)など。ツイッター @IIMA_Hiroaki
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.