検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2021-09-25 / 宗教・哲学 / 学内講座コード:130512

仏教の死生観 高僧からのメッセージ

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
9月27日(月)~11月29日(月)
講座回数
10回
時間
13:00~14:30
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
29,700円
定員
40
その他
ビジター価格 34,155円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・高僧たちは「死」をどのように克服したのか。
・20人の高僧の生き方を知る。
・現代社会とメディテーションの方法。

【講義概要】
一休禅師の歌に「生まれては死ぬるなりけりおしなべて、釈迦も達磨も猫も杓子も」と喝破している。高僧たちは最初から高僧ではなく、悩み苦しみ大悟したのです。本講座では釈尊をはじめとして、明恵、叡尊、忍性など『釈尊に帰れ!』とも獅子吼した高僧。一休、沢庵、桃水、大灯などの型破りな禅僧。武士出身の正三、無難、武士を指導した快川、西行、庶民を相手にした盤珪、良寛、慈雲などの生き方を取りあげる。『諸々の事象は過ぎ去るものである。怠ることなく修行を完成なさい』と80歳で入滅した釈尊。高僧、名僧知識もみな悩み苦しみ悟られたのである。その壮絶な生死を学んでいきたい。

備考

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 田中 成明
肩書き 国際マンダラ協会会長、エッセイスト
プロフィール 1947年生まれ。嵯峨伝灯学院卒。1968年高幡不動尊金剛寺に出家得度。大本山大覚寺、大本山薬師寺で学ぶ。1970年から1975年までインドで修行。1978年渡米、ニューヨークに曼荼羅寺開設。1982年からEU10ヶ国に伝道し欧米の大学で仏教と書道の講座をもっている。著書『神通力』『密教の神髄』『虚空藏求聞持法』など多数。書家。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.