検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-01-08 / 芸術 / 学内講座コード:140406

絵巻・絵本と日本文化 絵と文字の魅力に迫る

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
1月10日(金)~ 1月31日(金)
講座回数
4回
時間
13:00~14:30
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
11,880円
定員
30
その他
ビジター価格 13,662円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・江戸時代の絵巻や絵本について基本的な知識を習得する。
・江戸時代の芸能と文学について基礎的な知識を身につける。
・絵巻の詞書や絵本の文字、つまりくずし字の基礎的な読解力をつける。

【講義概要】
絵巻や絵本、特に今回は、江戸時代の絵本のさし絵の読み解きに皆様と挑戦してみたいと思います。名立たる浮世絵師が描いたさし絵と、売れっ子作家によって創りだされる、絵と文字の世界に皆様を誘います。そこには、現代に息づく日本文化の芽生えが見えます。教科書に指定した文献だけではなく、豊富な図版や画像を用いて授業を展開します。くずし字読解は基礎からやりますので、初めての方でもご心配には及びません。本講座を受講することで、「江戸時代の人々も我々と同じように必死に生活していた」ことを実感していただき、現代の生き方のヒントをつかんでいただければ幸いです。

【各回の講義予定】
第1回 2020/ 1/10(金) 開講にあたって―江戸時代の絵本と生活―
第2回 2020/ 1/17(金) お正月をモチーフとした絵本
第3回 2020/ 1/24(金) 江戸のグルメを描いた絵本(1)
第4回 2020/ 1/31(金) 江戸のグルメを描いた絵本(2)

備考

【ご受講に際して】
◆ほぼ毎回、講師所蔵の古典籍や古美術品を持参し、鑑賞していただきます。その際、作品にお手を触れないようにお願いいたします。
◆補講は2月7日を予定しています。

【テキスト・参考図書】
テキスト
『さし絵で楽しむ江戸のくらし』(平凡社新書)(ISBN:978-4582859195)

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 深谷 大
肩書き 早稲田大学演劇博物館招聘研究員、横浜国立大学講師
プロフィール 東京生まれ。早稲田大学大学院修了。博士(文学)(早稲田大学)。専攻は江戸時代を中心とした日本文化(芸能・文学・美術)。横浜国立大学等で講師を務める一方、様々な美術館・博物館の展覧会の企画に携わる。著書に『岩佐又兵衛風絵巻群と古浄瑠璃』(ぺりかん社)、『さし絵で楽しむ江戸のくらし』(平凡社)等がある。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.