検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-07-22 / 世界史 / 学内講座コード:320313

ケルトの「自然信仰」:その神話芸術とシンボリズム

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 中野校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
7月24日(水)~ 7月31日(水)
講座回数
2回
時間
15:00~17:00
講座区分
数回もの 
入学金
8,000円
受講料
7,776円
定員
24
その他
ビジター価格 8,942円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・古代中世から伝わる「ケルト」の神話伝説を読み解き、動植物を神々とみた、その「自然信仰」の特色を、歴史・文学・芸術作品から学んでいく。
・今回はアイルランドの神話・芸術、古代ローマ人によるケルト史料から、人間と自然の交流と、死を乗り越えて進む生命循環の思想を支えた代表的な「動植物信仰」をみていこう。キーワードは、「自然」「アニミズム」「動物神」「植物神」「精霊」。

【講義概要】
ヨーロッパ文化の古層「ケルト」の神話伝説は、「異教ケルト」の「自然信仰」をキリスト教時代に入っても語り継いできた。動物(鹿)、植物(樫の木)、祖霊(5000年前のニューグレンジ古墳)、水界(西方浄土の海)などのテーマは、生きとし生けるものと聖なる場所への崇拝を示している。今回はアイルランドの(1)騎士団フィアナ神話(鹿と森)、(2)ドルイドと樫の木信仰に光を当て、なぜ「ケルト」文化にはユーロ=アジア世界に根源的な自然観が育まれたのかを発見していこう。

【各回の講義予定】
第1回 2019/ 7/24(水) 「鹿と森」をめぐる神話:騎士団長フィンと動物の精霊
第2回 2019/ 7/31(水) ケルトの「樹木崇拝」の歴史:聖なる木・生命の木の信仰

備考

【テキスト・参考図書】
参考図書
『図説 ケルトの歴史』(河出書房新社)(ISBN:978-4309762630)※図版多数。入門に適する参考書。
『ケルト 再生の思想:ハロウィンからの生命循環』(ちくま新書)(ISBN:978-4480069986)※ケルト文化の生命循環の暦と思想を学べる参考書。
『ケルトの想像力 ー 歴史・神話・芸術』(青土社)(ISBN:978-4791770298)※ケルトの歴史・神話伝説・芸術を、古代から近現代まで学べる参考書。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 鶴岡 真弓
肩書き 多摩美術大学教授、多摩美術大学芸術人類学研究所所長
プロフィール 1952年生まれ。早稲田大学大学院修了。ケルト文化研究家。『ケルト / 装飾的思考』(筑摩書房)、『ケルトの想像力:歴史・神話・芸術』(青土社)、『装飾する魂』(平凡社)、『ケルトの歴史』(共著・河出書房新社)、『ケルズの書』(岩波書店) 等著訳書多数。『ケルト再生の思想』(ちくま新書)で河合隼雄学芸賞受賞。
資料を請求する
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.