検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-07-23 / 文学 / 学内講座コード:320110

芥川賞・直木賞秘話、ここだけの話

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 中野校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
7月25日(木)~ 9月 5日(木)
講座回数
6回
時間
15:00~16:30
講座区分
前期 
入学金
8,000円
受講料
17,496円
定員
24
その他
ビジター価格 20,120円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・芥川賞・直木賞はこうして選ばれる〈文学賞の選考方法を知る〉
・芥川賞・直木賞はこのように運営されている〈文学賞贈賞行為の実際を知る〉
・芥川賞・直木賞とジャーナリズム〈文学賞の社会性を知る〉

【講義概要】
昭和10年に始まった芥川賞・直木賞は、発足当初より文藝春秋の寄付行為に支えられた一般社団法人日本文学振興会によって運営されている。文化庁の所轄で、公益性と公正で明瞭な組織運営が求められている。80有余年の継続はその証と言っていいであろう。文藝春秋在社中、そしてそれ以後も50年近く、編集者としてこの両賞に係り、幾多の受賞作を手がけ、平成9年から13年までは、日本文学振興会の理事・事務局長として、賞の運営と進行にあたった。その間の、さまざまな出来事、その対応、そして知った文学史の真実。講座では、作品選びから、選考会、受賞式、そして祝賀パーティーに至るまでを、すべて体験した実話で語る。

【各回の講義予定】
第1回 2019/ 7/25(木) 〈選考作品を選ぶ下読み委員会の実態〉話題のあの作品が選ばれるまで。
第2回 2019/ 8/ 1(木) 〈白熱した選考委員会の実態〉委員同士の確執。選考委員から託されたことなど。
第3回 2019/ 8/ 8(木) 〈芥川賞・直木賞の傾向〉青春小説と芥川賞。直木賞と推理小説、SF小説のことなど。
第4回 2019/ 8/22(木) 〈受賞決定通知。そのとき作家は〉知らせを受けた時から、運命も生活も変わる。
第5回 2019/ 8/29(木) 〈受賞作の出版、その実態〉ベストセラーの功罪など。
第6回 2019/ 9/ 5(木) 〈芥川賞・直木賞授賞式と記念パーティー〉受賞者と選考委員のスピーチ。パーティーの費用などについて。

備考

【テキスト・参考図書】
参考図書
『芥川賞・直木賞をとる! あなたも作家になれる』(河出文庫)(ISBN:978-4309414232)
『編集者魂』(集英社文庫)(ISBN:978-4087468625)

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 高橋 一清
肩書き 元文藝春秋各誌編集者
プロフィール 1944年島根生まれ。早稲田大学第一文学部国文学専修を卒業、(株)文藝春秋に入社し、文藝担当編集者を勤める。2005年3月、退社。4月より松江観光協会観光文化プロデューサーに就任、文化観光の企画を展開。また、「松江文学学校」を主宰する。著書に『編集者魂』『作家魂に触れた』『百册百話』『芥川賞・直木賞をとる!』などがある。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.