検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-07-20 / 芸術 / 学内講座コード:220414

入門 日本の仏像

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
7月22日(月)~ 8月19日(月)
講座回数
4回
時間
10:30~12:00
講座区分
前期 
入学金
8,000円
受講料
11,664円
定員
50
その他
ビジター価格 13,413円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・日本の仏像についての基礎的な内容を理解する。
・基本的な内容ではあるが日本の仏教彫刻の本質を理解する。

【講義概要】
わが国の飛鳥時代から江戸時代の仏像を通して、日本の仏像を理解する上で知っておくべき視点や基礎事項を、難しい術語をできるだけ使わずに解説します。市販の入門書や概説書では語られることのない、実際の仏像はどのようにつくられてきたのか、その特徴を講述します。拝観や見学の理解の助けとなるように配慮する予定です。やさしい内容ですが、日本の仏像の本質にせまるものです。

【各回の講義予定】
第1回 2019/ 7/22(月) 人気のある仏像ベスト10!
−仏像制作の目的−
第2回 2019/ 7/29(月) 仏像のソロ・デュオ・トリオ・カルテット♪−仏像のセット性、時代の特性とその意味−
第3回 2019/ 8/ 5(月) 仏像とポーズ、スタイル
−立ったり座ったり、キメてみたり−
第4回 2019/ 8/19(月) 仏像とファッション
−仏像の衣装や装飾、時代の特徴と伝統の継承−

備考

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 川瀬 由照
肩書き 早稲田大学教授
プロフィール 早稲田大学大学院文学研究科博士課程芸術学(美術史)専攻単位取得満期退学。文化庁文化財部美術学芸課彫刻部門文化財調査官を経て現職。専門は日本彫刻史、文化財学、東洋美術史、文化財修理論。主な著作物『十二支−時と方位の意匠−』(ぎょうせい)、『国宝・重要文化財大全』(共編著、毎日新聞社)など。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.