検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-05-09 / 文学:法務 / 学内講座コード:310111

作家別に学ぶ小説教室

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 中野校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
5月11日(土)~6月15日(土)
講座回数
6回
時間
10:00~12:00
講座区分
前期 
入学金
8,000円
受講料
23,328円
定員
24
その他
ビジター価格 26,827円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・人に読んでもらえる小説を書けるようになる。
・趣味として、楽しんで小説を書けるようになる。
・プロを目指す第一歩を踏み出す。

【講義概要】
村上春樹、重松清、朝井リョウ、恩田陸、夏目漱石、芥川龍之介、カズオイシグロ……。全6回の講義のうち5回を使って、人気作家たちが作品を作るにあたってそれぞれどのような工夫をしているのか、みなさんが応用できるポイントはどこにあるのかを、編集者の視点からお伝えします。残りの1回で、実際にみなさんに文章を書いていただき、提出された作品について、一つずつコメントを出します。プロの作家と編集者がどのような打ち合わせを行い、一つの作品を作り上げていくのか、その創作過程を体験することができます。重要作品については積極的に取り上げますが、毎期ごとに新しい作家・作品もご紹介していく予定です。

【各回の講義予定】
第1回 2019/ 5/11(土) そもそも小説とは何のためにあるものなのか / 純文学と大衆文学の違いを考える
第2回 2019/ 5/18(土) 「涙」の理由
第3回 2019/ 5/25(土) キャラクターの作り方、会話文の作り方
第4回 2019/ 6/ 1(土) 受講生の作品についてのコメント
第5回 2019/ 6/ 8(土) 「魅力的な場面」の描き方
第6回 2019/ 6/15(土) 「読者を惹きつけるストーリー」の作り方

備考

【ご受講に際して】
◆課題提出はメールで行います。
◆提出された課題は講座資料として、受講生同士で共有します。
◆第一回めの講義には、2018年度秋学期の「村上春樹作品から学ぶ小説教室」と重複する内容があります。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 井之上 達矢
肩書き 編集者、慶應義塾大学講師
プロフィール 1977年生まれ。早稲田大学卒業後、中央公論新社入社。2012年退社し、株式会社夜間飛行を設立。08年より慶應義塾大学非常勤講師。編集者、ライターとして手掛けた連載・書籍は、『月と雷』(角田光代著)、『ステップ』(重松清著)、『池上彰のお金の学校』(池上彰著)、『われ敗れたり』(米長邦雄著)等多数。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.