検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-08-19 / 文学 / 学内講座コード:120102

『大和物語』を読む 「あはれ」の諸相

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校(東京都)]
問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248
開催日
8月21日(火)~ 9月11日(火)
講座回数
4回
時間
13:00~14:30
講座区分
その他 
入学金
8,000円
受講料
11,664円
定員
30
その他
ビジター価格 13,413円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
『大和物語』(十世紀半ばに成立した歌物語)に描かれたエピソードを読み味わい、和歌を鑑賞することを通して、平安朝の人々の思いや「あはれ」を解する心にふれるとともに、先に成立した歌物語『伊勢物語』との違いにも目を向けてみたいと思います。

【講義概要】
『大和物語』は170段余りの章段から成る歌物語ですが、先に成立した『伊勢物語』とは異なり、統一的な主人公をもちません。上は天皇(上皇)・后妃・摂関から、下は地方の名もない庶民で生活に困窮する人々や遊女に至るまでの様々な階級の人々のエピソードが、別離・悲恋・官位の停滞など、人生の哀切な体験と共につづられています。また、後半部には、蘆刈伝説や姨捨山伝説などのなじみ深い説話も含まれています。今回の講座では、主として作品後半部から著名な段を取り上げ、『大和物語』の魅力をご紹介したいと思っています。

【各回の講義予定】
第1回 2018/ 8/21(火) 宮廷の恋
第2回 2018/ 8/28(火) 験者(僧侶)の恋。歌人平中と女性たち。
第3回 2018/ 9/ 4(火) 地方の伝承
第4回 2018/ 9/11(火) 地方の伝承など

備考

【ご受講に際して】
◆2017年度冬学期(2018年2月)の同名講座の続きにはなりますが、新たに受講なさる場合も支障はありません。
◆2009年度冬学期(2010年2月)の同名講座とほぼ重なる内容です。
◆テキストは指定しましたが、『大和物語』の原文が全章段掲載されているものであれば、他のものでもかまいません。

【テキスト・参考図書】
テキスト
『校注 大和物語』(新典社)(ISBN:978-4787908056)

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 田畑 千恵子
肩書き エクステンションセンター講師
プロフィール 早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得。専門分野は平安時代の散文(『枕草子』・日記文学)。早稲田大学及び複数の大学で学部生の指導を担当してきた。主要論文「枕草子『かへる年の二月二十余日』の段の位相」(『日本文学研究資料新集 四』有精堂)、「枕草子日記的章段の方法」(『中古文学』36号)など。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.