検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-11-18 / スキル:経営全般 / 学内講座コード:20AWC09

危機管理広報(緊急時メディア対応)~リスク発生時に失敗しない情報発信

主催:東京理科大学 オープンカレッジ東京理科大学 オンライン講座(東京都)]
問合せ先:東京理科大学 オープンカレッジ事務局 TEL:03-5227-6268
開催日
2020/11/25(水)~2020/12/16(水)
講座回数
4
時間
19:15~20:45
講座区分
後期 
入学金
 - 
受講料
13,000円
定員
50
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座概要】
相次ぐコンプライアンス違反、データ偽装、無資格検査、過労死、ハラスメント、リコール、ネット炎上など不祥事が多発し、ブランドが大きく毀損し、重大なダメージを被る事例が多発しています。

リスク発生時にメディア対応や情報発信でミスを犯し、信頼を失い、さらに負のスパイラルに突入して存続の危機に至るケースすらあります。不祥事が経営危機に直結する時代になったのです。リスク発生(緊急)時の危機管理広報の巧拙がブランド維持とダメージ軽減の鍵を握る時代にあって、緊急時メディア対応の重要性が再認識されています。
本講座では万一、重大リスクが発生し、メディアが殺到した時の対応を、具体的、実践的に学びます。あわせてソーシャルメディア時代の重大リスク「炎上危機対応」のポイントも学習します。


【キャンセルポリシー】
キャンセル料は受講申し込み完了後から発生しますので、ご注意ください。必ず、受講お申し込み前に東京理科大学オープンカレッジ受講規約でご確認ください。

【講座スケジュール】
2020/11/25(水) スマホ、SNS時代のメディア(ネット・TV・新聞・SNS)、メディアの行動特性、情報接触の変化
2020/12/02(水) 危機管理(広報)の成功事例・失敗事例、炎上リスク対応(事例、影響のバロメーター、対応ポイント、電凸)
2020/12/09(水) 危機管理の基本(不祥事のトレンド、目的、5つのダメージ、なぜ失敗するのか、批判の三分野、プロセス)
2020/12/16(水) 危機管理広報(メディアの視点、リスク評価、初動対応、電話、取材、緊急記者会見、Q&A)

備考

クラス:共通
受講対象:役員・部長・課長クラス、管理職志望層、社会人全般

講師陣

名前 篠崎 良一
肩書き 広報の学校 学校長 兼 PR総研 主席研究員
プロフィール

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.