検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-02-21 / その他教養:スキル / 学内講座コード:E10

AR/MRの基礎とその可能性 テクノロジーの深化による世界の拡張

主催:東京理科大学 オープンカレッジ東京理科大学オープンカレッジ セントラルプラザ2階(東京都)]
問合せ先:東京理科大学 オープンカレッジ事務局 TEL:03-5227-6268
開催日
2月28日(金)~3月27日(金)
講座回数
3
時間
19:00~21:00
講座区分
数回もの 
入学金
 - 
受講料
12,000円
定員
30
補足
講座を申し込む

講座詳細

【講座概要】 
現実環境と仮想環境を融合する技術である、AR(拡張現実:Augmented Reality)、MR(複合現実:Mixed Reality)の基礎を学習するとともに、最近の研究動向を通じてその理解を深めることを目的とします。基礎の学習では、AR、MRの定義や基礎、AR、MRシステムを実現するために必要な技術、デバイスなどを取り扱います。その後、最近の研究動向として、AR、MRに関する研究事例や関連製品などについて学び、研究の目的や方向性、製品の狙いなどについての理解を深めるとともに、その面白さに触れていきます。
近年、様々なメディアでAR / MRというキーワードをお聞きになる方も多いと思います。特に最近は、高性能なスマートフォンやHMD(ヘッドマウントディスプレイ)などの登場に伴い、AR / MRへの市場参入の敷居が格段に下がっており、様々なアプリケーションが開発されつつあります。また、ゲーム業界においても、Pokemon Go、PlayStationVRなど、安価なデバイスのみで成り立つシステムも増えてきています。本講座では、AR / MRの定義や目的、応用例などを出来るだけ分かりやすく説明します。
特に必要な前提知識はありませんので、関心のある方の受講を歓迎します。

【キャンセルポリシー】区分B
キャンセル料は受講申し込み完了後から発生しますので、ご注意ください。必ず、受講お申し込み前に東京理科大学オープンカレッジ受講規約でご確認ください。


【講座スケジュール】
2020/02/28(金)19:00~21:00 AR / MRの定義と基礎
2020/03/13(金)19:00~21:00 研究事例、関連製品について
2020/03/27(金)19:00~21:00 最近の研究動向と、今後の方向性

備考

クラス: 共通
受講対象: 課長クラス、管理職志望層、社会人全般、大学生、高校生

講師陣

名前 牧田 孝嗣
肩書き 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 外来研究員
プロフィール
講座を申し込む

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.