検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-06-30 / 音楽

レクチャーコンサート 「スペイン美術と巡るオルガン音楽 ─ルネサンス・バロック編─」

主催:東京純心大学東京純心大学 大学校舎(東京都)]
問合せ先:東京純心大学 地域共創センター
開催日
6月30日(土) 
講座回数
1
時間
14:00開演(13:30開場)
講座区分
1回もの 
入学金
 - 
受講料
 - 
定員
800
補足

講座詳細

アートは時と所を超え、わたし達をかなたへと誘います。今回ご案内いたしますのは16 ~ 18世紀のスペインです。パイプオルガンというとまずバッハ、そしてドイツの音楽が思い浮かぶかもしれません。しかし、スペインにも素敵な、そして情熱的なオルガン音楽がたくさん残されています。
今回はスペインの美術の数々をご紹介しながら、同時代に生まれたオルガン音楽をお聴きいただきます。目と耳で味わうスペインへの旅。皆さまのご参加をお待ちいたしております。
賛助出演:Coro Ahirunorgano(合唱)

【講師からみなさまへ】
スペインのオルガン音楽は、日本ではあまり知られていませんが、ドイツともイタリアとも違う独特の響きの世界があります。哀愁を帯びた旋律、豪快な心踊るリズム…。それらはスペインの歴史や文化、土地柄によって生み出されてきたものでしょう。どうぞ同時代のスペイン美術ともに味わってみてください。
今回は演奏の合間に、田尻教授(美学)によるスペインの歴史や文化、そして美術の解説を織り込みながら、プログラムを進めていきます。どうぞご期待ください。

備考

※対象
中学生以上

※定 員
800名(先着順)

※会場
東京純心大学(江角記念講堂)

※持ち物
筆記用具


講師陣

名前 田尻真理子
肩書き 東京藝術大学美術学部博士課程 満期退学
プロフィール 専門は哲学・美学・あそび
論崇高論との関わりで、バロック美術について研究を進めている。
名前 米沢(鏑木)陽子
肩書き 東京純心大学看護学部教授。
プロフィール 東京藝術大学大学院博士後期課程(古楽科バロックオルガン専攻)修了。学位論文『ザムエル・シャイト タブラトゥラ・ノヴァ研究︱その成立過程と鍵
盤音楽史における意義』により博士号(音楽)を取得。主たる研究領域は16‒18世紀ドイツのオルガン音楽。カトリック山手教会、目黒教会オルガニスト。日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会、キリスト教礼拝音楽学会、日本音楽学会会員。東京純心大学看護学部教授。

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy CO.,LTD All right reserved.