検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-11-13 / 経営全般:スキル / 学内講座コード:GMCR-2020-F-04

コンフリクト解決のためのグラフモデル(GMCR)セミナー【4-実践クラス】

主催:東京工業大学 社会人アカデミー東京工業大学 社会人アカデミー オンライン講座(東京都)]
問合せ先:jim@academy.titech.ac.jp
開催日
2021 年 3 月 10 日(水)、17 日(水)、24 日(水)
講座回数
3
時間
18:30-19:30、19:40-20:40(2時間)
講座区分
その他 
入学金
 - 
受講料
30,000円
定員
33
その他
税抜き
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【GMCRセミナーとは?】
コンフリクト解決のためのグラフモデル(GMCR)セミナーは、基本単位である基盤クラス、展開クラス、俯瞰クラス、実践クラスの4つのクラスと、複数のクラスの組み合わせからなる多様なコースを提供しています。4つのクラスすべてを学ぶ総合コースを修了すると修了証書が授与されます。総合コース修了者でなければ、希望者はコースやクラスを何度でも受講申請できます。スキル、知識、モノの見方や考え方の獲得だけでなく、多様な参加者とのネットワーク構築にもお役立てください。

内 容
 受講生がチームを組み、GMCR などの意思決定理論のフレームワークや分析方法を使って、チームで設 定する意思決定問題を記述、分析し、成果をチームてプレゼンテーションします。研究者倫理の確認グループワークからはじめ、各チームが講師となってさまざまな意思決定理論のフレームワークのレクチャーを行 うことで理解を深めます。最終プレゼンテーションもその評価もチームで行い、表彰チームを決定します。 (1) 現実の意思決定問題を取り上げ、(2) それを意思決定理論のフレームワークを用いて数理モデル化し、 (3) モデルを分析して結果を得たあと、(4) 分析結果を現実の文脈の中で解釈して、最初の意思決定問題の 解決のための示唆を導きだす、という、意思決定理論のフレームワークを用いた意思決定問題の解決のため の数理的アプローチの「4 ステップ」を実践することができます。

各セッションの概要
3 月 10 日(水):講師:猪原健弘
ガイダンス、自己紹介、オーバービュー、研究者倫理グループワーク、フレームワーク・レクチャー準備

3 月 17 日(水):講師:加藤有紀子、猪原健弘
フレームワーク・レクチャー、最終プレゼンテーションのテーマ検討

3 月 24 日(水):講師:猪原健弘
最終プレゼンテーション、最終プレゼンテーション表彰、全体ディスカッション、まとめ

備考

実施形態オンライン(Zoom)による実施(パソコン、アプリ、AV 機材(マイク、スピーカ、Web カメラ等)、ネットワーク環境等はご自身でご準備下さい。)

対象論理的、数理的な記述力と思考力、意思決定状況の表現力と分析力を身につけたい社会人の方、大学院 (修士課程、博士後期課程)入学希望の方、参加者同士のネットワークを構築したい方、など

講師陣

名前 猪原健弘
肩書き 東京工業大学・教授
プロフィール GMCRに関する研究と教育に携わっています。GMCRにおける提携分析、態度分析、および、遷移時間分析の方法の開発で貢献があります。意思決定、合意形成、紛争解決、社会モデリングが専門で、GMCRの他、ゲーム理論、社会的選択理論、社会ネットワーク理論など、主に離散数学を用いる数理的アプローチで研究を進めています。
名前 加藤有紀子
肩書き 株式会社リンクス・代表取締役社長
プロフィール GMCRを用いた紛争解決に関し、特に、「許容できる限界」についての数理的な表現について研究しています。研究成果は応用数理学会やIEEE SMC Societyという国際学会などで発表しています。事業戦略コンサルティングの(株)リンクスおよびEV技術開発の(株)e-Gleの経営に携わっています。GMCRは意思決定者の直感に近い形でモデル化が可能ですので、実社会の問題へ色々と適用可能だと考えています。
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.