検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-05-23 / 社会 / 学内講座コード:0150

組織論 ―組織の歴史と組織論の歴史

主催:上智大学上智大学公開学習センター(東京都)]
問合せ先:TEL:03-3238-3552 【開講期間】 平日 12:30~21:00 土曜日 10:00~11:30/12:30~16:30 【講座のない期間】 平日 9:30~11:30/12:30~17:00
開催日
4/25(木)-7/18(木)
講座回数
12
時間
19:10-20:40
講座区分
数回もの 
入学金
 - 
受講料
32,400円
定員
40
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

「組織の時代」である現代の社会に生きている私たちは、組織と関係をもたずに生活していくことは不可能と言ってよいでしょう。
 現在の日本では、「働き方改革」が差し迫った課題として、その必要性が叫ばれていますが、ここで問題とされている働き方とは、言うまでもなく、組織における働き方です。では、なぜ組織における「働き方改革」が問題になっているのでしょうか。この問いに端的に答えるならば、現代社会に生きているほとんどの人々が組織についての十分な理解を欠いているからだということになるでしょう。したがって、この問題の原因は、現代人が科学的な組織理解に基づいて組織を使いこなすことができていないことにある、と言うことができます
 私が常々、主張していることですが、組織論は、現代人にとっての必須科目であり、教養科目です。今期の講座では、今後の講座で、継続的に本格的な組織論、すなわち組織の理論を展開していくための導入として、人類にとっての組織の歴史と、組織を対象とする科学としての組織論の歴史を取り上げます。
 こうしたことを学ぶことによって。近現代の組織論をより深く理解することが可能となります。組織の理論を学び、組織について理解している人は、組織に使われることなく、組織を使いこなすことができるようになります。

講師陣

名前 【講師】小林 順治 
肩書き 上智大学名誉教授
プロフィール
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.