検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-05-12 / その他教養 / 学内講座コード:”1911A008

「暴力」とは何かを考える 20世紀フランス思想を手掛かりに

主催:首都大学東京首都大学東京 飯田橋キャンパス(東京都)]
問合せ先:首都大学東京オープンユニバーシティ事務室 TEL:03-3288-1050
開催日
5月13日(月)~7月8日(月)
講座回数
5回
時間
18:30~20:00
講座区分
前期 
入学金
3,000円
受講料
12,500円
定員
30
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座内容】
「暴力」の不当性が当然のように告発される一方で、しばしば同じように振るわれる力が「それは暴力ではなく、正当なことだ」とも言われます。人間どうしの関係において避けがたく生じるさまざまな「力」のうち何が不当な「暴力」であるのかを決定することは困難です。本講座においては、政治情勢にさらされこの困難を引き受けつつ「暴力」について考えた戦後フランス思想のいくつかを起点として、「暴力」とは何かを問うていきます。

【講座スケジュール】
第1回 05/13 18:30~20:00
第2回 05/27 18:30~20:00
第3回 06/10 18:30~20:00
第4回 06/24 18:30~20:00
第5回 07/08 18:30~20:00

備考

※毎回のテキストおよび予習材料として、数ページ程度のまとまった文章を準備します。

単位数:1単位

講師陣

名前 佐藤 香織
肩書き 首都大学東京非常勤講師
プロフィール 専門分野はフランス現代哲学。2003年文学修士(東京大学)。2013年哲学博士(パリ西大学ナンテール校(旧パリ第10大学))。共著『戦うことに意味はあるのか--倫理学的横断の営み』(弘前大学出版会、横地徳弘、持田睦編著、2017年)など。

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.