検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2022-03-31 / 経営全般 / 学内講座コード:21S03

経営組織論に基づいてヒエラルキーについて考えよう (世田谷プラットフォーム事業)

主催:成城大学生涯学習支援事業「成城 学びの森」成城大学「成城 学びの森」 オンライン(東京都)]
問合せ先:「成城 学びの森」事務局 TEL:03-3482-9031
開催日
09月中旬より随時
講座回数
1回
時間
オンデマンド講座(動画配信)
講座区分
1回もの 
入学金
 - 
受講料
 - 
定員
 - 
補足
講座を申し込む

講座詳細

【講座趣旨】
(1)ヒエラルキーとは
ヒエラルキー(階層制)の役割とその効率性について説明する。組織は、予測できることに対してはルールを作っておけば対処できる。しかし不確実性が生じると、すなわち事前に予測できなかったことが生じると、事前に決めたルールでは対応できない。ヒエラルキーは、この事後的な例外に対する処理手段である。ヒエラルキーは、事後的な例外に対処する諸手段の中で、ヒエラルキーはより効率的であることも確認する。
(2)事前と事後の振り分け
例外処理機構としてヒエラルキーが効率的なことを(1)で学んだ。では事前と事後はどう振り分ければよいのか、本講で説明する。
(3)ヒエラルキーの設計(1)管理の幅
ヒエラルキーの設計を考える上でポイントとなるのは、管理の幅(スパン・オブ・コントロール)である。このことを理解すれば、「組織のフラット化」が必ずしも組織の風通しを良くするわけではないことがわかる。
(4)ヒエラルキーの設計(2)例外処理プロセスを回すには
ヒエラルキーの役割は事後的な例外処理であると学んだ。ではヒエラルキーで例外処理を滞りなく進めるには、どうすればよいだろうか。本講で考えていく。

講師陣

名前 三浦 紗綾子
肩書き
プロフィール 昭和女子大学 ビジネスキャリアデザイン講座I
講座を申し込む

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.