検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-04-19 / その他教養 / 学内講座コード:I0001

日本の底力 ~呉善花が日本文化を語る~

主催:麗澤大学麗澤大学 麗澤オープンカレッジ(千葉県)]
問合せ先:麗澤オープンカレッジ 曜日:火~土曜日 9:00~17:00 ※日曜・月曜・祝日、大学休業日を除く TEL:04-7173-3664  
開催日
4月20日(土)、 4月27日(土)、 5月11日(土)、 5月25日(土)、 6月 8日(土)、 6月22日(土)、 7月13日(土)、 7月20日(土)
講座回数
8回
時間
13:10~14:40
講座区分
前期 
入学金
 - 
受講料
18,940円
定員
50
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座内容】
日本文化の独自性とその歴史的背景から、諸外国の文化と異なる面に焦点を当て、その独自性と共通性を考えていきます。外国人から「日本人は物事をはっきり言わない」と非難されることがありますが、むしろ曖昧だからこそ、日本は世界有数の安全で豊かな国になれたと考えられます。混沌とする世界情勢の中で、調和のとれた人間関係、環境への順応性を生み出す「日本の底力」を世界にどう発信するのか、ご一緒に考えてみましょう。

【スケジュール】
第1回 2019/ 4/20(土) 日本・朝鮮半島―人間(国家)関係のあり方―
第2回 2019/ 4/27(土) 男女のあり方―母系社会の日本、男権社会の朝鮮半島―
第3回 2019/ 5/11(土) 韓国の漢字廃止から日本は何を学ぶか
第4回 2019/ 5/25(土) おもてなしと日本の商いの伝統
第5回 2019/ 6/ 8(土) なぜ日本には武士が生まれたのか
第6回 2019/ 6/22(土) 日本人の美意識~生の文化~
第7回 2019/ 7/13(土) なぜ日本庭園にいると想像が膨らむのか
第8回 2019/ 7/20(土) 日本の華道はどのようにして生まれたのか

備考

【対象者】
興味のある方ならどなたでも

【教材】
プリント配付

講師陣

名前 呉 善花
肩書き 拓殖大学国際学部教授、評論家
プロフィール 1956年、韓国・済州島(チェジュトウ)生まれ。4年間の女子軍隊生活の経験を持つ。1983年に来日、大東文化大学で留学生として英語学を学び、東京外国語大学大学院修士課程を修了。
1990年『スカートの風-日本永住をめざす韓国の女たち-』(三交社・角川文庫)を上梓、後にシリーズ化される。
『日本の曖昧力』(PHP研究所)、『韓国併合への道 完全版』(文春新書)など、著書多数。
近刊に『韓国と北朝鮮は何を狙っているのか』(KADOKAWA/2018年3月)がある。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.