検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-10-26 / その他教養 / 学内講座コード:I0009

ノンフィクションと私

主催:麗澤大学麗澤大学 麗澤オープンカレッジ(千葉県)]
問合せ先:麗澤オープンカレッジ 曜日:火~土曜日 9:00~17:00 ※日曜・月曜・祝日、大学休業日を除く TEL:04-7173-3664  
開催日
10月27日(土)
講座回数
1回
時間
10:40~12:10
講座区分
1回もの 
入学金
 - 
受講料
2,500円
定員
60
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座内容】
『週刊新潮』特集班デスクとして18年間にわたって政治、経済、歴史、司法、事件、スポーツなど、さまざまな分野で800本近い特集記事を執筆。NHKでドラマ化され、ベストセラーとなった『甲子園への遺言』や、第19回「山本七平賞」を受賞した『この命、義に捧ぐ』など、“毅然と生きた日本人”をテーマに幅広いジャンルでノンフィクション作品を上梓し続ける講師がお届けします。

備考

【対象者】
興味のある方ならどなたでも

※日程、講座内容の変更、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 門田 隆将
肩書き 作家、ジャーナリスト
プロフィール 中央大学法学部卒業後、新潮社に入社。週刊新潮編集部に配属され、記者、デスク、次長、副部長を経て2008年4月に独立。2010年9月、『この命、義に捧ぐ』(角川文庫)で第19回「山本七平賞」を受賞。
『甲子園への遺言 伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯』(講談社)、
『なぜ君は絶望と闘えたのか 本村洋の3300日』(新潮社)、
『太平洋戦争 最後の証言』(小学館)、
『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』(PHP研究所)、
『慟哭の海峡』(角川書店)、
『狼の牙を折れ 史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部』(小学館)、
『日本、遥かなり エルトゥールルの「悲劇」と邦人救出の「迷走」』(PHP研究所)、
『奇跡の歌 戦争と望郷とペギー葉山』(小学館)など著書多数。

“毅然と生きた日本人”をテーマに幅広いジャンルでノンフィクション作品を生み出している。
2016年12月には、日本と台湾で初の同時発売ノンフィクションとなった『汝、ふたつの故国に殉ず』(角川書店)を出版した。最新刊は『敗れても敗れても 東大野球部「百年」の奮戦』(中央公論新社)。
テレビ出演や講演等で全国を飛びまわる中、精力的にノンフィクション作品を発表し続けている。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.