検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-11-28 / 日本史:その他教養 / 学内講座コード:0207031

【Web講座】東海地域に君臨した戦国大名・今川義元

主催:武蔵野大学 地域交流推進室武蔵野大学 WEB講座(東京都)]
問合せ先:武蔵野大学 地域交流推進室 TEL:042-468-3222
開催日
2020年10月28日 ~ 2020年12月8日
講座回数
2
時間
3時間(30分×6回)
講座区分
数回もの 
入学金
 - 
受講料
2,000円
定員
 - 
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

【このたび、武蔵野大学地域交流推進室では、新型コロナウイルス感染症の収束の見込みが立て難い現状を鑑み、ご自宅に居ながら受講可能なWebによる講座を開講いたします。】

明智光秀が生きていたと推測される天文~永禄期(1532~1569)に、東海地域を席捲した戦国大名・今川義元の生涯と、美濃国(岐阜県)と接する三河国(愛知県東部)での支配について紹介する。光秀が居たと想定される美濃に対し、軍事的な圧力となっていたであろう義元の率いる「駿河勢」の実態を解明する。
最新の研究成果を踏まえ、義元の動静から美濃と今川氏の関係性、東三河における義元が設定した「城代」を丁寧に解説し、光秀が仕えることとなる尾張織田氏と義元との確執についても触れ、桶狭間合戦に対する現在の理解を解説することとしたい。

①中世社会における今川氏〈30分×3回〉
②今川義元の三河侵攻と支配の実態〈30分×3回〉

※この講座は、新型コロナウイルス感染症対策のため、開講中止になりました、千代田サテライト教室「【連続講座】明智光秀と同時代の群像/東海地域に君臨した戦国大名」の題材を元に、Web配信講座として、新たに収録して配信いたします。

備考

Webによるオンデマンド講座です
配信期間:2020年10月28日 ~ 2020年12月8日
申込期間:~ 2020年11月28日迄

講師陣

名前 大石 泰史 (おおいし たいし)
肩書き 静岡市文化財保護審議会委員・2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」古文書考証
プロフィール 1965年生まれ。東洋大学文学部卒。東洋大学大学院修士課程修了。
現在、博物館展示プランニングを提案する大石プランニング主宰。
著書:『今川氏滅亡』(角川選書、2018)/『井伊氏サバイバル500年』(星海社新書、2017)
編著書:『今川氏年表』(高志書院、2017)/『今川氏家研究の最前線』(洋泉社新書、2017)/『全国国衆ガイド〝戦国の地元の殿様〟たち』(星海社新書、2015)、
編集史料集:『戦国史研究会史料集5 井伊直政文書集』(戦国史研究会、2017)/『戦国遺文』今川氏編 第1~5巻(東京堂出版、2010~2015)
講座を申し込む 資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.