検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-05-16 / その他教養 / 学内講座コード:206005

【連続講座】今に息づく仏教と文化 第九弾 全7回

主催:武蔵野大学 地域交流推進室武蔵野大学 千代田サテライト教室(東京都)]
問合せ先:武蔵野大学 地域交流推進室 TEL:042-468-3222
開催日
5月17日(日)~ 8月23日(日)
講座回数
7回
時間
13:00~14:30
講座区分
前期 
入学金
 - 
受講料
10,000円
定員
25
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

【講座内容】
前近代、私たちが考える以上に仏教の考え方が浸透していました。現在の生活
のなかでも、元々は仏教に由来しているものがたくさんあります。そうした、
仏教の思想を再発見し、日本人の生活文化を考える連続講座です。

【講座スケジュール】
第1回 5月17日(日) 中世から近世の本願寺の歴史
第2回 5月31日(日) 仏教の宗派間の論争を考える-狂言・落語の〈宗論〉を通じて-
第3回 6月 7日(日) 獅子鼻と獏鼻:古建築の細部意匠
第4回 6月14日(日) 「安寿と厨子王」の物語を読む−説経「さんせう太夫」と森?外「山椒大夫」−

第5回 6月28日(日) 比叡山延暦寺と『平家物語』
第6回 7月12日(日) お盆とはなにか
第7回 8月23日(日) 肖像画と神仏

講師陣

名前 前田 壽雄
肩書き 本学准教授
プロフィール 龍谷大学大学院文学研究科博士課程真宗学専攻単位取得。浄土真宗本願寺派宗学院卒業。
龍谷大学非常勤講師、浄土真宗本願寺派総合研究所上級研究員を経て、現在、本学通信教育部准教授
著書に『「ただ念仏」の教え―法然聖人から親鸞聖人へ―』(探究社)、『仏事Q&A 浄土真宗本願寺派』(国書刊行会)、『書いて味わう讃仏偈 重誓偈』(本願寺出版社)他。
名前 三浦 裕子
肩書き 本学教授・本学能楽資料センター長
プロフィール 東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了。
著書に『能・狂言の音楽入門』、『初めての能・狂言』(共著)、『面からたどる能楽百一番』など。
名前 河津 優司
肩書き 本学教授
プロフィール 早稲田大学大学院博士後期課程修了。
国士舘大学・日本女子大学・学習院女子短期大学等の非常勤講師を経て、現在に至る。
日本建築史・アジア建築史・比較建築論を専門とする。
共著に『日本建築みどころ事典』(東京堂出版),『よくわかる古建築の見方』(JTB出版),『環境デザインの試行』(武蔵野大学出版会),『木砕之注文』,『世界建築史論集』(ともに中央公論美術出版社)など。
名前 田草川 みずき
肩書き 千葉大学准教授・本学能楽資料センター研究員
プロフィール 早稲田大学大学院博士後期課程単位取得退学。博士(文学)早稲田大学。専門は近世文学および日本古典演劇(特に人形浄瑠璃文楽・能)。早稲田大学演劇博物館助手、日本学術振興会特別研究員等を経て、千葉大学高等教育研究機構准教授、早稲田大学演劇博物館招聘研究員、武蔵野大学能楽資料センター非常勤研究員。
主要著書に『浄瑠璃と謡文化―宇治加賀掾から近松・義太夫へ』(早稲田大学出版部、2012年)。早稲田大学名誉教授・内山美樹子氏とともに、朝日新聞の文楽劇評を担当。第5回日本近世文学会賞(2009年)、第28回公益財団法人清栄会奨励賞(研究者部門・2015年)受賞。
名前 池田 英悟
肩書き 本学非常勤講師
プロフィール 昭和26年大阪市生まれ。
能楽資料センター研究員・むさしの連歌会代表・『平家物語』愛読会(町田市)。
論文:「梁塵秘抄と信仰」「にみる老境の世界」ほか。
名前 須山 長治
肩書き 元本学非常勤講師
プロフィール 早稲田大学大学院文学研究科東洋哲学専攻博士後期課程単位修得満期退学。文学修士。
名前 生駒 哲郎
肩書き 本学教養教育リサーチセンター研究員・東京大学史料編纂所非常勤職員
プロフィール 専門は日本中世宗教史、日本古文書学会編集・大会運営委員。立正大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程満期退学。
山梨県身延山久遠寺、大田区池上本門寺、石川県羽咋市妙成寺などの史料調査委員を経て、現在、武蔵野大学教養教育リサーチセンター研究員・東京大学史料編纂所非常勤職員・東京都渋谷区文化財審議員。
主要著書日本の名僧6『重源:旅の勧進聖』(共著 吉川弘文館)、『中世の寺院体制と社会』(共著 吉川弘文館)、『中世の寺院と都市・権力』(共著 山川出版社)、『山岳信仰と村落社会』(共著 岩田書院)など。
講座を申し込む 資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.