検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-08-03 / 日本史:その他教養 / 学内講座コード:316011g

明智光秀の「実像」 【連続講座】武士の権力論 第七弾

主催:武蔵野大学 生涯学習事業課武蔵野大学 千代田サテライト教室(東京都)]
問合せ先:武蔵野大学 生涯学習事業課 TEL:042-468-3222
開催日
8月 4日(日)
講座回数
1回
時間
13:00~14:30
講座区分
1回もの 
入学金
 - 
受講料
1,500円
定員
20
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

【講座内容】
明智光秀は、織田信長の重臣として活躍しましたが、天正10年(1582)6月の本能寺の変で主君の信長を討った武将として知られています。信長を討ったことから、現在では「謀反人」また「革命者」信長についていくことのできなかった「常識人」とされますが、その「実像」はいかなる人物であったのでしょうか。現在の信長・織田権力研究の深化をふまえて、改めて光秀についてその活動を追い、「実像」にせまりたいと思います。2020年には、光秀を主人公としたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の放映が予定されていますので、その「予習」としても活用していただければと思います。
参考図書:『図説 明智光秀』戎光祥出版 柴裕之

【講座スケジュール】
第1回 8月 4日(日)

備考

※日程、講座内容の変更、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 柴 裕之
肩書き 東洋大学非常勤講師
プロフィール 昭和48年(1973)11月、東京都生まれ。東洋大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学、博士(文学・東洋大学)。
主要著書として、 単著に『徳川家康―境界の領主から天下人へ―』(平凡社、2017年)、『清須会議―秀吉天下取りへの調略戦―』(戎光祥出版、2018年)、 編著に 『図説 明智光秀』(戎光祥出版、2018年)、監修にすずき孔『マンガで読む 新研究 織田信長』(戎光祥出版、2018年)などがある。
講座を申し込む 資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.