検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-04-03 / その他教養 / 学内講座コード:20170001

【2020年度春期開講オープン講座】「箱根駅伝」の百年とスポーツ化する社会 ~「観る」スポーツとスポーツを「伝える」こと~

主催:明治大学リバティアカデミー明治大学リバティアカデミー 駿河台キャンパス(東京都)]
問合せ先:明治大学リバティアカデミー事務局 TEL:03-3296-4423
開催日
4月11日(土)、4月11日(土)
講座回数
2回
時間
13:00~15:00
講座区分
数回もの 
入学金
 - 
受講料
 - 
定員
800
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座趣旨】
日本では、スポーツは「体育」として教育の一環に位置づけられ、学校スポーツを基軸に発展してきました。しかし今やスポーツは人々に楽しみを与え、ひいては人々の生きる希望にさえなり得る存在となっています。他方、スポーツは情報化社会におけるコンテンツとして商品化される傾向を強め、消費社会化の深化とともに、社会全体のスポーツ化をも急速に進展させてきました。中でも「箱根駅伝」は巨大なイベント・コンテンツに成長し、いまや日本のお正月の風物詩といわれるほどになりました。まもなく百年を迎えようとする歴史の中で、社会における「箱根駅伝」がおかれた位置も大きく変容しています。本企画では、その歴史を振り返りつつ、スポーツ化する現代社会について考えてみたいと思います。

【特記事項】
【後援】千代田区

【申込方法】 事前予約制です(全席自由、先着800名)
「お電話」か「右上(もしくは右下)の赤いボタン」からお申し込みください。
TEL 03-3296-4423(平日10:30~19:00、土曜10:30~15:30)

■リバティアカデミーオープン講座は、会員の方以外でも受講いただけます。
※ただし、会員になることはできません。

■会場:明治大学 駿河台キャンパス アカデミーコモン3階 アカデミーホール
※駿河台キャンパスは、JR「御茶ノ水」徒歩3分、丸の内線「御茶ノ水」徒歩3分、千代田線「新御茶ノ水」徒歩5分、新宿線・半蔵門線・三田線「神保町」徒歩5分です。

■開場:12:30予定 ※開場時間は、早まる可能性があります。

※お知らせ※
2020年度春期リバティアカデミー講座について,予定どおり募集を受け付けますが,新型コロナウイルス等感染症の状況により,今後,縮小・延期・中止等の判断を行う可能性があります。
リバティアカデミーから発信される情報をこまめに確認するようお願いします。(2020年2月27日)


【講義概要】
第1回 4月11日(土) 基調講演 箱根駅伝テレビ中継の現場で思うこと
今年100歳を迎えた箱根駅伝。10年間、中継を担当した伝説のアナウンサーが語りつくします。

第2回 4月11日(土) 鼎談 これからの箱根駅伝
戦国時代! 古豪 ライバルはどう闘うか

講師陣

名前 松永 二三男
肩書き 司会者、フリーアナウンサー、元日本テレビアナウンサー
プロフィール 1974年アナウンサーとして日本テレビに入社。NNNお昼のニュース、ワイドショー「ルック・ルックこんにちは」MC、箱根駅伝実況中継などニュース、ワイドショー、スポーツと幅広く活躍。また10年間で松竹映画山田洋次監督作品「たそがれ清平衛」「学校シリーズ」など4作品に関わる。以来山田監督と親交を深める。2012年11月明治大学校友会presents山田洋次監督作品「東京家族」試写会」山田洋次監督トークショウの企画・司会担当。2014年4月から淑徳大学人文学部表現学科教授。明治大学校友会本部員、代議員。
名前 中川 秀一
肩書き 明治大学商学部助教授
プロフィール 1966年名古屋生まれ。名古屋大学大学院文学研究科博士課程満期退学。専攻は地理学、山村地域論、森林管理問題。共著に『農村空間の研究』、『経済地理学の成果と課題第VI集』、『21世紀の地域問題』、『環境保全学の理論と実践』などがある。現在、経済地理学会誌編集委員、社会文化学会事務局長、全国森林組合連合会「緑の雇用評価調査」検討委員を務める。
名前 園原 健弘
肩書き 明治大学体育会競走部 監督
プロフィール 明治大学農学部農芸化学科卒。競走部では、日本陸上競技選手権大会優勝、世界陸上3回出場、箱根駅伝にも2 回出場するなど大活躍した。1992 年、男子50 キロ競歩日本代表としてバルセロナオリンピックに出場。1996 年アトランタオリンピックでは陸上チームコーチを務めた。30,000m 競歩及び2 時間競歩の日本記録保持者でもある。現在は、散歩指導者として講演活動を行うほかTV 番組にも多数出演中。著書に、『あらゆる不調が解決する 最高の歩き方』(きずな出版、2017 年)、『正しく“ 歩いて” 東京マラソン完走―競歩の選手が書いた初めてのマラソンの本』(小学館、2008 年)などがある。 (株)ラバ・チューブ代表取締役。
名前 山本 佑樹
肩書き 明治大学体育会競走部 駅伝監督
プロフィール 日本大学陸上競技部の選手として当時の大学陸上競技緒距離界を牽引。
1 年時世界ジュニア選手権5000m 7 位、2 年時の全日本学生選手権10000m 優勝、3 年時の日本選手権10000m 5 位、4 年時の全日本学生選手権10000m 優勝。
卒業後は旭化成で実業団選手として活躍。2006 年から旭化成コーチ。2017 年度より本学体育会競走部長距離ブロックコーチ。
2018 年より本学競走部駅伝監督に就任。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.