検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-05-10 / 経営全般:スキル / 学内講座コード:19110006

サプライチェーン・ロジスティクスマネジメントの基本理解と事例・演習 ―SCMの基本理解から実現へ向けての実践導入講座―

主催:明治大学リバティアカデミー明治大学リバティアカデミー 駿河台キャンパス(東京都)]
問合せ先:明治大学リバティアカデミー事務局 TEL:03-3296-4423
開催日
5月18日(土)、6月 1日(土)、6月15日(土)、6月29日(土)、7月13日(土)、7月27日(土)
講座回数
6回
時間
15:00~17:00
講座区分
前期 
入学金
3,000円
受講料
21,000円
定員
20
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座趣旨】
本講座は7期目を迎える。開講時から比べるとSCMの社会的理解と実践への取り組みは飛躍的に進んできているように感じられる。と同時に、SCM推進の環境要因は今大きく変わろうとしている。今日まで、物流業者の頑張りがSCM実現の支えとなってきた側面も大きかったが、ここにきてこれらを基軸とした物流ありきのSCMだけでなく、新しい視点・真の実需を起点としたSCM構築の重要性も増してきている。そこで、第7期目の本講座では、真の消費者起点時代を視野に入れつつ、サプライチェーン・ロジスティクスマネジメントシステム構築の基本となる考え方とその実現へ向けて事例・演習を通して学ぶ。

【特記事項】
【ジャンル】マーケティング
【講義レベル】基本~応用

■受講に際し、必ず入会と受講のご案内をご確認ください。

【講義概要】
第1回 5月18日(土) サプライチェーン・ロジスティクスマネジメントの基本的概念と実現ポイント並びに新ステージへの考察
物流とロジスティクスとサプライチェーンの違いとSCM構築のポイントを押さえ、新たに胎動しつつあるSCMを考察する。

第2回 6月 1日(土) サプライチェーン・ロジスティクスマネジメントの自己完結型モデル事例とポイント
CPS事例を通し、サプライチェーン・ロジスティクスの実現目標像とそのポイントを明らかにする。

第3回 6月15日(土) サプライチェーン・ロジスティクスのオープン型モデル事例とポイント
バンダイナムコグループのロジスティクス事例を通じてCPSとは異なる形のSCM構築を学ぶ。

第4回 6月29日(土) SCM実現のシステムポイント、生きた「在庫」概念のつかみ方と生きた「データ分析」の視点
在庫という言葉の本当の意味と捉まえ方をSCM構築の視点から位置付け明らかにする。

第5回 7月13日(土) 自社データによる生きた「在庫」の捉まえ方と「データ分析」の演習
自社データに基づき、在庫管理システム組み立てのための生きたデータ分析の方法と組み立ての実務指導を行う。(マクロの発注シミュレーション実施)

第6回 7月27日(土) サプライチェーン・ロジスティクスシステム構築へ向けての実践レビューと新ステージへ向けての考察
本講座担当の講師全員が出席の下、講座内容の補完・参加者の質疑並びに、新たに胎動していると思われるSCMについての討議を行う。

備考

【教材】
・配付資料
・(参考図書)
『CPS事例にみる先進型サプライチェーン・ロジスティクスマネジメント』(ふくろう出版)

※日程、講座内容の変更、休講・補講等がある場合があります。 お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 小川 智由
肩書き コーディネータ、明治大学商学部教授
プロフィール 明治大学商学部卒、明治大学大学院商学研究科博士課程単位取得。専門はマーケティング戦略論、物流・ロジスティクス論。専門の研究に加え「小売業の経営戦略」や、高齢社会に向けたエルダーマーケティングの展開に関心を寄せている。大学での教育・研究活動に並行して、民間企業の経営戦略の企画メンバーや、マーケティング戦略構築のチームメンバーとしての経歴を有する。
名前 吉岡 洋一
肩書き (株)小浜酒造 代表取締役
プロフィール (財)流通システム開発センター研究開発部主任研究員として、流通システム化行政の調査・企画提案に従事。その後、(株)流通システム総合センター設立/中村学園大学流通科学部&大学院助教授・松山大学経営学部&大学院教授を経て、現在(株)流通システ
ム総合センター代表取締役。
名前 大竹 重雄
肩書き クリナップ(株)取締役 常務執行役員
プロフィール 1979年大学卒業後、同年クリナップ(株)入社、販売管理部、物流部、カスタマーサポート推進部、2002年10月クリナップロジスティクス(株)社長を経て現在に至る。
名前 馬場 範夫
肩書き (株)バンダイロジパル 代表取締役社長
プロフィール 1981年大学卒業後同年バンダイ入社、同時にバンダイロジパル(当時バンダイ運輸)に配属。経営企画部、国際事業部等を経て、2008年6月より同社社長に就任。現在ロジパルエクスプレス、バンダイロジパル(BLP)香港、BLP上海、BLPトレーディング上海、BLPアメリカ、BLPタイの代表者も兼務。
名前 関口 壽一
肩書き シーコムス(株) 代表取締役
プロフィール ライオン(株)入社後、家庭品の営業などを担当した後、流通機能開発センターにて主に卸店の経営改善、物流機能強化支援を担当。2006年シーコムスを設立しSCMシステムの推進に取り組んでいる。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.