検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2021-11-19 / 健康・医療:その他教養 / 学内講座コード:21B1600601

こころと脳の心理学 錯視・錯覚の世界への誘い【オンデマンド配信】 連続イリュージョン講座 I 光と色のイリュージョン

主催:神奈川大学神奈川大学 オンライン講座(神奈川県)]
問合せ先:生涯学習エクステンション講座 TEL:045-682-5553
開催日
12月 3日(金)、12月10日(金)、12月17日(金)
講座回数
3回
時間
12:00配信
講座区分
数回もの 
入学金
 - 
受講料
6,000円
定員
 - 
その他
5500(※料金は、神奈川大学生・卒業生等および横浜市交流協議会加盟大学在学生に適用される料金です)
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座内容】
見ているものと、見えているものは同じではありません。触っているものと、触って感じているものも同じではありません。あなたが見たり・聞いたり・触って感じたりしているものは、全てあなたの脳の働きによって、あなたの脳の中で構築されているものです。そして、どんなに注意深く見たり触ったりしても、あなたの脳はいつでも容易く騙されてしまうのです。
だから、この世はすべてイリュージョン!
あなたがどんなに注意深く見ていても、いつでもあなたは騙されているということに気づいていますか? 騙されていることに気づくことは、なかなか楽しいものです。いろいろな発見があるからです。
この講座では、錯視・錯覚を、画像・動画・実物などで見て楽しみ、なぜ? どうして? と考えながら、測ったり、作ったりと体験的にも学びます。毎日さり気なくやっている『見る・感じる』という行為を深く見直す良い機会になるでしょう。
錯覚(イリュージョン)を楽しみましょう。そして、イリュージョンによって生活が豊かになっているのかどうか、安全に暮らせるようになっているのかどうかについても、考えてみましょう。
なお、各回毎にテーマが異なる錯視を体験します。継続受講いただくと幅広くイリュージョンを理解していただくことができますが、いずれかのPart のみに参加していただいてもお楽しみいただけます。

【講座スケジュール】
第1回12月 3日(金)
詳細:・人と光 明暗は光の強さ(物理量)では決まらない。
白いコピー用紙と黒いラシャ紙の違いは? 明暗を決める要因は?
・人と色 イチゴが赤く見えるのは? 『色』のない部屋では…
『色』の印象を決める要因は?
・明暗や色の錯視をつくり、観察する
第2回12月10日(金)
詳細:・人と光 明暗は光の強さ(物理量)では決まらない。
白いコピー用紙と黒いラシャ紙の違いは? 明暗を決める要因は?
・人と色 イチゴが赤く見えるのは? 『色』のない部屋では…
『色』の印象を決める要因は?
・明暗や色の錯視をつくり、観察する
第3回12月17日(金)
詳細:・人と光 明暗は光の強さ(物理量)では決まらない。
白いコピー用紙と黒いラシャ紙の違いは? 明暗を決める要因は?
・人と色 イチゴが赤く見えるのは? 『色』のない部屋では…
『色』の印象を決める要因は?
・明暗や色の錯視をつくり、観察する

備考

【備考】
オンデマンド配信では事前に収録した講義を受講できます。ライブ講座とは異なり、場所や時間を選ばず、自由に何回でも視聴できます。
※配信された動画は最終講座から1週間後に視聴できなくなります。

ご受講にあたり下記のシステム環境が必要です。各自、環境の準備と確認をお願いします。
1.パソコン・スマートフォン・タブレットなどの端末
2.インターネット環境
3.マイク(内蔵または外付け) ※ライブ講座の場合
4.ウェブカメラ(内蔵または外付け)※ライブ講座の場合
※マイク付きヘッドフォンセットの場合、音声をクリアに聞く・話すことができます。

◆オンライン講座受講方法および注意点◆
(1)KUポートスクエアのホームページ内にある「マイページへログインする」をクリック
(2)受講生番号とパスワードを入力
※マイページに入るには受講生番号とパスワードが必要です。講座を受講される前にマイページに入れるかご確認をお願いします。受講生番号やパスワードをお忘れの場合はKUポートスクエアまでご連絡ください。
(3)「講座申込状況」をクリック後、配信欄の「受講する」をクリックすると、「動画の再生(オンデマンド配信)」が始まります。
※配信講座の録音・録画・写真撮影は固く禁止しています。
(4)資料のダウンロード欄の「ダウンロード」をクリックすると講座に使用する資料(レジュメ)をダウンロードする事ができます。

講師陣

名前 和氣 洋美
肩書き 神奈川大学名誉教授、生涯発達支援カウンセラー、視覚発達支援カウンセラー
プロフィール 千葉大学文理学部心理学専攻卒業、東京都立大学人文科学研究科博士課程満期退学。名古屋大学医学部大学院研究科眼科学教室研究生。医学博士(名古屋大学)。日本学術振興会奨励研究員、白?女子短期大学助教授を経て神奈川大学教授。神奈川大学人間科学部学部長、同大学院人間科学研究科委員長等歴任。神奈川大学プロジェクト研究所「視科学研究所」所長の後、マルチモーダル研究所所員。専門分野は感覚知覚心理学(視覚と触覚)、高齢者のQOLと環境整備、感覚代行ほか。主要著書に『触覚の錯視』(錯視の科学ハンドブック・岩波書店)、『視覚の世界・触覚の世界』(脳から心へ・岩波書店)、『触覚』(人間の許容限界ハンドブック・朝倉書店)。『錯視は発達障害理解の” ものさし” になり得るか?』(感覚代行研究会)、『触覚の錯覚』「発達障害の視覚認知特性」(新編感覚知覚心理学ハンドブック 誠信書房(近刊))。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.