検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-09-02 / 文学 / 学内講座コード:20A1604000

はじめて読む『源氏物語』【後期】

主催:神奈川大学神奈川大学 KUポートスクエア(神奈川県)]
問合せ先:生涯学習エクステンション講座 TEL:045-682-5553
開催日
9月16日(水)、 9月23日(水)、10月 7日(水)、10月14日(水)、10月21日(水)、11月 4日(水)
講座回数
6回
時間
13:00~14:30
講座区分
前期 
入学金
 - 
受講料
9,500円
定員
40
その他
8500(※料金は、神奈川大学生・卒業生等および横浜市交流協議会加盟大学在学生に適用される料金です)
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座内容】
『源氏物語』を、初めて読む方のための講座です。初めての方でも分かりやすいように、基礎的な事柄から、丁寧に解説して行きます。
登場人物と、お互いの縁故関係、天皇とお妃のあり方、貴族たちの日常生活、恋愛と結婚など…そのほかにも、『源氏物語』を読むために必要な知識を、原文(現代語訳付き)を使い、分かりやすく説明いたします。
現代語訳で読み始めたけれども、途中で分からなくなってしまった方も、大丈夫です。皆様とご一緒に、楽しく『源氏物語』の世界を味わってみましょう。

【講座スケジュール】
第1回 9月16日(水) 「明石」― (2)(『源氏物語』入門)
詳細:うとうとした光源氏は、桐壺院を夢に見ます。
第2回 9月23日(水) 「明石」― (3)
詳細:翌朝、明石入道が、舟で須磨に到着しました。
第3回10月 7日(水) 「明石」― (4)
詳細:明石入道に勧められ、光源氏は明石に移る決心をします。
第4回10月14日(水) 「明石」― (5)
詳細:明石入道は、娘の明石君を、光源氏と結婚させたいと打ち明けます。
第5回10月21日(水) 「明石」― (6)
詳細:光源氏は、明石君への求婚の手紙を書きました。
第6回11月 4日(水) 「明石」― (7)
詳細:一方、都では、朱雀帝が桐壺院を夢に見て、目の病気になっています。

備考

【備考】
※講座の進行状況により、内容が前後することがあります。
※【前期】はこちら⇒ はじめて読む『源氏物語』

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
 お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 宇留田 初実
肩書き 聖徳大学児童学部講師
プロフィール 青山学院大学大学院博士課程単位取得満期退学。2003年より現職。専門は日本文学(平安時代)、幼児言語学、国語教育。詩人(2003年コスモス文学新人賞受賞)。朗読家。著書に『情報と表現――日本語の表現と技法』(共著、双文社出版)。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.