検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-07-18 / 文学:日本史 / 学内講座コード:01C32

『枕草子』の光と影―清少納言が遺した本当のメッセージ―

主催:敬愛大学敬愛大学 稲毛駅前センター(千葉県)]
問合せ先:敬愛大学 稲毛駅前センター フリーダイヤル 0120-077-420
開催日
08月03日~08月31日(土曜日)
講座回数
5回
時間
09:30~11:00
講座区分
前期 
入学金
 - 
受講料
9,000円
定員
15
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

日本古典の名著『枕草子』の印象的な部分と言えば、冒頭章段「春は曙」など、清少納言の快活な感性による記事ではないでしょうか。しかし、彼女が、この作品に託した本当のメッセージは、如何なることだったのでしょうか。本講座では、幾つかの章段を丁寧に読み解き、清少納言や彼女の仕えた中宮定子などを取り巻く歴史的な出来事にも目を向けながら、『枕草子』の本質に迫ります。なお、文法・語彙等の知識は不要です。
【スケジュール】
第01回 08月03日(土) 第一講 『枕草子』の謎―「春は曙」というセンス―
第02回 08月10日(土) 第二講 清少納言が行成を好きな理由―「夜をこめて鶏のそら音は」歌の段―
第03回 08月17日(土) 第三講 関白道隆にひれ伏す道長―中宮定子のかがやき―
第04回 08月24日(土) 第四講 「都は晴れぬながめすらむと」―中宮定子のかなしみ―
第05回 08月31日(土) 第五講 清少納言の覚悟―跋文の読解とまとめ―

備考

※日程、講座内容の変更、休講・補講等がある場合があります。 お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 柴田 まさみ
肩書き 株式会社 カルチャー古典文学敬愛大学生涯学習講師
プロフィール 大東文化大学大学院文学研究科 日本文学専攻 前期博士課程修了
大学院在籍中から文系科目の学習塾講師を務める。
大学院卒業後、株式会社カルチャー、八州学園大学公開講座講師として活躍。
特に「更級日記」に関する研究論文を多く執筆。
講座を申し込む 資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.